駒大・江越大賀選手が4打数4安打で首位打者に、広島スカウト評価、11球団が調査書

大学野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 東都大学リーグの駒澤大vs拓殖大の試合では4番センターで出場した江越大賀選手が4打数4安打を記録し、打率を.409として首位打者に躍り出た。

4安打に3得点

 江越大賀選手は181cmの体があるが50m5.8秒を記録する身体能力の高い選手で、この日も2回に先頭打者で2ベースヒットを放つと、バントでサードに進んだ後にタイムリーヒットでホームを踏む。4回もヒットで出塁しバントで進んだ後でタイムリーヒットで生還する。

 そして9回の第5打席は死球でランナーに出ると、続く打者のライト前ヒットで中継が乱れる間に1塁から一気にホームインした。4打数4安打、3得点と持っている力をいかんなく発揮した。

 春は打率.184と苦しみ、秋も開幕カードで8打数ノーヒットだった江越選手だが、その後、固め打ちを見せて打率.409で一気に首位打者となった。また打点も10打点でリーグ2冠となっている。

 

広島など評価、11球団が調査書

 この日は広島の苑田スカウト部長、高山スカウトが訪れ、苑田スカウト部長は「構えに柔らかさが出てきた」と話すと、高山スカウトも「まだまだ伸びる素材」と評価した。広島に緒方監督が就任し、右打者で身体能力が高くタイプが似ている選手だと思う。野村前監督と同じ駒大出身という事もある。

 広島は有原航平投手の1位指名を決めているが、指名競合は確実と言える。前田健太投手が残留の可能性が高くなった事もあり、外れ1位で江越選手の指名の可能性が高いとみられる。

 しかし江越選手には11球団から調査書が届いているという。広島はもちろん、埼玉西武も注目しているが、両球団とも1位指名は別の選手に決めている。2012年に駒大の白崎浩之選手を指名した横浜DeNAも、外野手は多いものの野手の枠を増やす事などから獲得を狙うかもしれない。

 大学3年時でドラフト1位候補として名前が挙がっていた江越選手が、最後に評価を挙げた。どこが最初に指名をするのか注目される。

 2回にスライダーを右越え二塁打して先制の口火を切ると、4安打の固め打ちだ。「きょうは自分のポイントで打てた」。9回には50メートル5秒8の快足も披露。無死一、二塁から斎藤の右前打で中継がもたつく間に一塁から一気に生還した。「4番が打つと活気づく」と西村亮監督。ドラフト候補として評価は上昇中で広島・高山健一スカウトは「まだまだ伸びる素材」と評した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント