早稲田大4番・武藤風行選手は野球を辞めて留学へ

早稲田大, 武藤風行

 東京六大学でリーグで今年春に首位打者とホームラン王の2冠に輝いた武藤風行選手が、野球を辞め留学をする。

社会人、プロも注目

 武藤風行選手は、小学校2年生から野球を始め、金沢泉丘高校で通算10本塁打を放ち、2年生春には石川大会ベスト8まで勝ち上がった。最後の夏の大会でベスト16で敗退した。野球は高校までで終わりと決めており大学への推薦などは取っていなかったが、悔しさが残ったため早稲田大を受験して合格、野球部に入部した。

 入学後も全国から集まる選手の中で試合に出場する事はできなかったが、努力で3年春に5打席に立って4打数1安打、その1本のヒットがホームランだった。そして3年秋にはレギュラーとして出場し打率.324の成績を残した。

 そして2014年、春のリーグ戦では4番を打ち、4本塁打、打率.477でホームラン王と首位打者の2冠を獲得してプロも注目した。しかし野球は大学までと決めておりプロ入りも社会人からの誘いも断った。

 秋は0本塁打、打率も.250という成績に終わった。

 

留学へ

 武藤選手は「日本で野球しかしてこなかったから、知らない世界がある。」と話し、「いかに自分が小さいか知りたい」と海外留学をすることを決めている。

 帰国した後に就職活動を行い「いろんな人とふれあう仕事がしたい」と話す。早稲田大学で首位打者にホームラン王、留学でもいろいろな経験をするだろう。別の道でもまた頂点を取る人になってほしい。

早稲田大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP