慶応義塾大・藤本知輝選手はJFE西日本で2年後のプロ入り目指す

JFE西日本, 藤本知輝, 慶応義塾大

 慶応義塾大で谷田成吾、横尾俊建とともにクリーンナップを打った藤本知輝選手が、2年後のプロ入りを誓った。

サッカー日本代表・武藤嘉紀選手と盟友

 藤本知輝選手は慶応高校時代に、現在日本代表で期待されている武藤嘉紀選手と盟友で、お互いの道でプロ選手になることを誓っている。武藤選手は在学中にFC東京と契約しプロデビュー、また日本代表と駆け上がっていった。

 藤本選手は中学3年生の時に日本代表に選ばれており代表では藤本選手の方が早かった。大学でも入学直後にケガをしsたものの、2年秋にはレギュラーとして出場し、今年春には3本塁打を記録、打率.277と成績を残し始め、プロ入りを希望し志望届けを提出した。

 しかし秋は打率.250、ホームランも1本に終わり、ドラフト会議で名前は呼ばれなかった。

 

2年後のプロ入りを

 まだ約束が果たせないわけではない。藤本選手は社会人の強豪・JFE西日本に進み、最短で2年後のプロ入りを目指す。

 181cm84kgの体から東京六大学通算7本塁打、スラッガーとしても素質とともに、通算打率.245の確実性を高めて欲しい。

慶応義塾大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 慶応高校からの盟友は、ひと足先に今春、プロ契約し、代表デビューも果たした。その一方で、プロ志望届を提出した藤本にはドラフト会議で声がかからなかった。「悔しくなかったと言ったらうそになりますが、この4年間に後悔はない。プロ野球界の人に少しでも見てもらえて良かったし、次(社会人野球)で活躍しようと思えました」と、素直な気持ちを口にした。


PAGE TOP