2015年ドラフト候補で楽しみな選手 ~大学生編その1~

吉永健太朗, 横尾俊建, 谷田成吾, 高山俊, 上原健太, 茂木栄五郎, 藤岡裕大, 多和田真三郎, 北村祥治, 西村天裕, 今永昇太, 唐仁原志貴, 大城滉二, 吉田侑樹, 熊原健人

 2014年も残り僅か、ドラフト候補選手の動画とみんなの評価のページにみなさまからお寄せいただいている選手で、来年が楽しみなドラフト候補を探してみます。今日は大学生編。

東京六・東都

 やはり注目されるのが東京六大学リーグと東都リーグで、東京六大学リーグでは大学生外野手が注目を集めそうだ。明治大の高山俊選手は3年で100安打を達成、当てるような打撃ではなく鋭い打球でホームランも放つ。またセーフティーバントも決められ足も使えるスラッガーとして、プロ野球でも10年間3番を任せられる選手だろう。

 また慶大・谷田成吾選手はホームランを打つ素質が十分、ライトポール際に大きな飛球もあるが、レフトう方向への流す打球がものすごく伸びる。秋は2本塁打は東大戦だったが、もう1本は山崎福也投手からのホームランだった。来年は左の上原健太投手相手でも、バットを長く持ってインコースをライトスタンドに運ぶ場面が見られれば、ドラフト1位指名は確定する。

 まだ外野手では青山学院大の吉田正尚選手も170cm前半と身長は高くないものの、2013年春には4本塁打、今秋は3本塁打を記録している。チームが2部に降格し成績が評価につながりにくくなるものの、既にマークしているスカウトはおり2部の試合にも足を運ぶだろう。

 ホームランならば慶大の横尾俊建選手が力を見せ始めた。1,2年時は思い切りスイングしてもバットに当たらなかったが3年秋にはフルスイングで投球を捕えるようになり3本塁打を記録した。谷田選手よりもホームランに特化したスラッガーと言える。

 他にもいぶし銀の活躍を見せそうな選手がたくさんいる。早稲田大の茂木栄五郎選手は小柄ながらパンチ力のある打撃があり、1年から早大のサードを守りチャンスに強い打撃を見せる。また亜大の藤岡裕大選手もパンチ力ある打撃と守備で亜大のサードを守り1年から3年春までリーグ連覇に貢献した。さらに亜大のセカンドで安定感を見せていた北村祥治選手も打撃と守備のセンスが評価されている。捕手に転向するのがどう出るかは分からないが。

 もう一人が立教大の大城滉二選手で、通算打率では高山俊選手を上回り遊撃手としても素晴らしいものを持っている。プロ野球では最も使える選手として活躍を見せそうだ。

 投手では左腕投手が注目される。明大の上原健太投手は190cmの左腕で150km/hを記録する。打者が怖さを感じる球を投げ、大学NO1投手の評価となりそうだ。ただし実績でいうと高校時代から通してエースとしてチームを引っ張るようなものは残していない。大学でも2年秋は防御率0.88、今秋は0.96を記録しているが、2年秋は先発は11試合中2試合、今秋も7試合中3試合で、リリーフなどで積み上げての低い防御率となっている。

 来年は山崎福也投手も抜けエースとしての活躍が期待される。1戦目の先発を柳裕也投手などと競う事になるが、先発争いに勝てて結果を残した時にはドラフト1位で指名が集中しそうだ。

 また左腕で実績NO1と言えば駒大の今永昇太投手だろう。今秋も7勝、春は4勝、防御率0.87で1位、昨秋は1勝6敗だったものの、昨春は6勝2敗と活躍を見せている。170cm中ほどで体は大きくないものの、投げるストレートはのキレが素晴らしくプロでも勝てる左腕投手となりそうだ。登板が増えてきている事で疲労による故障が心配されるが、実践的な先発左腕が欲しい球団は今永投手を指名しそうだ。

 あとは早稲田大の吉永健太朗投手、高校3年時の日大三や高校日本代表のピッチング、また1年時の投球は素晴らしく、プロでも即戦力クラスの投球を見せた。その後、故障等の影響からフォームを崩すなど苦しんでいるようだ。まずは頭をすっきりさせて高校時の投球フォームに近付けたい。

 

その他の大学

 左腕では福岡大の唐仁原志貴投手に注目したい。まだ波のある投手だが184cmの大型左腕投手で、球速は130km/h台も素晴らしい腕のしなりからものすごくキレのある球を投げ、空振りを奪って抑える。千葉ロッテから東京ヤクルトに移籍した成瀬投手のような勝てる投手として期待される。

 地方の大学では富士大の多和田真三郎投手と仙台大の熊原健人投手も共に151km/h、152km/hの速球を投げる。多和田投手は1年秋の明治神宮大会でノーヒットノーランを達成し、その後、全国大会でも毎年のように出場して好投を見せる。仙台大の熊原投手は今春に150km/hを記録してリーグ戦を制覇して全国デビューを飾ると、やや変則な構えながらフィニッシュはキレイなフォームで力を見せた。侍ジャパン大学代表にも選出されている。

 共にハーレムで戦った投手では東海大・吉田侑樹投手が注目される。この春エースとして登場すると一気に全国制覇をした投手で、187cmから145km/hの速球を投げる。ただし速球派というよりは沈むボールなど変化球を駆使するタイプで、メジャー予備軍のアメリカの大学代表を1安打完封するなど、手がつけられない投球も見せる。

 吉田投手のライバルとして首都大学リーグで注目されるのが帝京大の西村天裕投手で、リリーフで登板すると150km/hを連発し、先発しても終盤戦で140km/h後半を投げる力がある。筋肉で固められたような体があり、2010年に巨人にドラフト1位指名された澤村拓一投手のような力強さがある。

(つづく)


PAGE TOP