慶応義塾大に投打に期待の選手登場、小原大樹投手、岩見雅紀選手

大学野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース

 一昨日の関東学院大とのオープン戦で勝利した慶応義塾大は、この日も横浜商大と対戦し、6-4で勝利した。新3年生となる小原大樹投手と、新2年生となる岩見雅紀選手が活躍を見せた。

大谷翔平投手の控え

 この日の先発は左腕の小原大樹投手、花巻東出身で高校時代は大谷翔平投手の控え投手だったが、大谷投手が成長痛などで投げられない事も多く、登板機会も多かった。

 大学では1年秋に左肘を痛めて昨年1年間は対外試合で登板がなかったが、1年秋には早慶戦にも登板するなど期待をされていた。この日は先発を任されると、3回2/3をノーヒットに抑える好投を見せた。

 投げられない間は大谷翔平投手の映像を、左右反転させるアプリを使って左投げにして分析したという。左の大谷翔平、小原大樹投手が出てくれば、既にエースを務める加藤拓也投手と3年生の左右エースとなる。

 

高校通算47本塁打

 また打線では5番DHに入った岩見雅紀選手が光った。186cm110kgの大型の右の大砲は、5回にレフトへ特大の3ランホームランを放った。

 比叡山高校では高校通算47本塁打を放つ大砲で、学業の成績も高く1浪の末に一般受験で慶応義塾大に入学し、今年新2年生となる。谷田成吾、横尾俊建が今年4年生となるが、次世代の主軸候補として期待される。

 この日、横浜商大とのオープン戦に先発。左肘痛を乗り越え、1年秋の早慶戦以来となる実戦登板で3回2/3を無安打無失点と好投。「投げられて自信になった」と喜んだ。リハビリ中は大谷の動画を参考にフォームを研究。「つらかったけど、翔平とか同学年の仲間が頑張っていて刺激になった」と振り返った。

 比叡山(滋賀)で通算47発の右の大砲。1浪の末に入学し、未来の4番候補として期待される「慶大のおかわり君」は「パワーには自信がある。守備を磨いて貢献したい」と力を込めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント