青山学院大・吉田正尚選手は5打数2安打、アリゾナでアメリカの大学と対戦

大学野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 アリゾナでキャンプをしている青山学院大は、この日グレンデール大と対戦した。今年のドラフト上位候補の外野手・吉田正尚選手は5打数2安打と結果を残したようだ。

プロ注目外野手

 吉田正尚選手は172cm73kgと体は大きくないものの、青山学院大の3番打者として、昨年秋は3本塁打、打率.352、2盗塁を、春もホームランは0本だが打率.300を記録している。また、昨年は侍ジャパン大学代表のメンバーとしてハーレムベースボールウイークで戦うと、予選ラウンドでは6番などで出場していたが、終盤は不動の3番レフトとなり、決勝のアメリカ戦では4打数2安打と気を吐いた。

 それでも秋のリーグ戦ではチームは最下位となり、2部降格を止めることができなかった。その責任感も感じ、アリゾナキャンプを行っている。

 前日のセントラル・アリゾナ大戦では1-3と敗れたものの、この日のグレンデール大には勝利した。貴重な経験で成長し、春にはドラフトの順位を決めるような活躍を見せてほしい。

 チームは3月1日にパラダイス・バリー大、3月2日にウィスコンシン大学と対戦する。

 

 

米国アリゾナ州サプライズでキャンプ中の東都大学リーグ2部、青学大が現地でグレンデール大とオープン戦を行い、8-5で勝利した。

 ドラフト候補の吉田正尚外野手(3年=敦賀気比)は5打数2安打。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント