関甲新大学リーグが開幕!注目選手は?

大学野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 関甲新大学リーグも開幕を迎えます。ドラフト候補選手をピックアップしてみます。

投手

 平成国際大の佐野泰雄投手が卒業しリーグのエースの座をめぐる争いが見られそうだ。その中に怪物候補もいる。

 白鴎大の中塚駿太投手は188cmから最速153km/hを記録、昨年秋の関東選手権では、わかっていても打てないストレートを投げ込み、来年のドラフトの超目玉、創価大の田中正義投手に追いつく可能性もある怪物候補。また常磐大の4年生・吉田慶司郎投手も190cmの大型投手で145km/hの速球を投げる。仙台育英時代は130km/h中盤だったが大学で成長を見せ、その成長ぶりに注目したい。

 白鴎大はエース候補左腕の塚田貴之投手が腰の状態等に不安を抱えるが、昨年秋に1年生ながら防御率0.90でリーグ2位となった今村暁人投手の期待が高まっている。

 上武大は187cmの長身サイドスロー・鈴木稜也投手が昨年秋に3勝、防御率0.46で最優秀投手となった。長い腕から投げられる142km/hの速球は迫力がある。4年生となった146km/h右腕の安達大貴投手は成績に繋がっておらず、最終年度の活躍を見せてほしい。

 プロ野球に選手を送り出すようになった山梨学院大も1年生からエース格として登板していた松尾勇太投手が4年生となる。

野手

 上武大はプロが注目した大谷昇吾選手(日本通運)が抜けたものの、183cmで大学1年で4番に抜擢された中稔真選手や、昨年1年生ながら秋に打率.368を記録した鳥巣誉議選手など、次世代の選手が揃う。

 白鴎大も九州国際大付時代に甲子園でホームランを放っている龍幸之介選手が3年生となりチームの軸になっているほか、同じく3年生の大山悠輔選手も秋に2本塁打6打点、打率4割を記録している。つくば秀英時代に30本塁打を記録した180cmのスラッガーでこちらも成長を期待したい。

 白鴎大には捕手の辻野雄大もセカンド送球1.9秒台、打撃でも秋に打点王を記録するなど活躍を見せている。こちらも急成長中。

2015年度-関甲新学生リーグのドラフト候補リスト

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント