東都リーグ開幕!注目選手を紹介

大学野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 東都大学リーグが今日開幕する。注目選手などを紹介する。

駒澤大

 昨秋の日本一チーム駒澤大は、エースの今永昇太投手がおり、今年もリーグの主役となりそうだ。昨年春は3試合連続完封を記録したが、今年はどんなピッチングを見せるのか楽しみ。一方、打撃では江越大賀選手が抜け主軸をだれが打つのかが課題となる。

 また2戦目の先発も注目される。実績があるのは4年生の片山雄貴投手と昨年1年生ながら明治神宮大会でブレークした東野龍二投手が有力だが、ポスト今永として高い素質を期待される3年生の谷中文哉投手や2年生の高橋由弥投手にも注目したい。

 

国学院大

 毎年のようにプロ野球に人材を送り出し、リーグ戦でも結果を残す国学院大、今年も内野手の柴田竜拓選手がプロ注目。167cmと小柄だが高い守備力に定評があり、昨年の横浜DeNA5位・山下幸輝選手よりもプロに近い選手かとみられていた。打撃で力を見せればプロに行ける。

 投手は、今年は杉浦稔大投手や田中大輝投手のような抜群のエースという存在はいないが、4年生の下山直哉投手、土倉 将投手、新ヶ江一聡投手などは力がある。2年生の大型左腕・安西拓人投手なども期待したい。

 

中央大

 攻撃の軸は神里和毅選手、昨年秋は低迷したものの、昨年東北楽天のドラフト3位で指名された福田将儀選手と同じくらいの評価ができる選手と思う。また習志野高校で投打に注目された泉澤涼太選手も4年生、野手として素質の高さを見せたい。国学院久我山時代に187cmの大型遊撃手として注目された松田進選手も今年からヨーイドンで活躍を見せておきたい。

 投手では島袋洋奨投手のほかに、石垣永悟投手も抜けた。1年生だった山手投手におんぶにだっこ状態だったが、誰か出てきてほしいという状態。

 

亜細亜大

 東浜巨投手、九里亜蓮投手、山崎康晃投手という黄金期を支えたメンバーが抜けた。昨年秋は4位に沈み位置からの出直しとなる。ただし1年生から優勝を経験している野手たちがおり、捕手を務める事になった北村祥治選手を中心に、藤岡裕大遠藤 雅洋などがチームを引っ張る。また下級生でも3年生の水本弦選手や2年生の野村颯一郎選手など次世代を担う選手もそろう。

 投手は山田義貴投手なども粘りの投球を見せるが、2年生の怪物候補・嘉陽宗一郎投手に注目が集まる。花城直投手は病気の影響からどのくらい復活しているかにも注目したい。戦力は十分ある。

 

拓殖大

 昨年秋は生き残りをかけての戦いとなってしまったが、大エースだった佃勇典投手が抜け、さらに厳しい状態となる。ただし、1年生の補強は大学でもトップクラスで、明徳義塾の岸潤一郎選手は投手として起用されそうだ。また2年生の高西涼太投手、1年生の森晋之介選手など大阪桐蔭コンビも中心となって活躍が期待される。

 

専修大

 入れ替え戦で青山学院大を下して1部昇格、エースだった角田 皆斗投手(富士重工)の働きもあったが、1年生だったアンダースローの高橋礼投手が素晴らしかった。侍ジャパン大学代表にも選ばれており、1部の強打者を相手にアンダースローがどんなピッチングをするか注目したい。また大型補強をした世代が3年生となる。149km/hの平間凛太郎投手、宮里泰悠投手、森山恵佑投手、矢沢駿投手といった高校時に注目された投手陣が出てきてほしい。

 野手は高校時代に日本代表のセカンドだった伊與田一起選手などが繋いで少ないチャンスをものにする。最少失点で守り勝ちたい。

 

2015年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント