立命大・桜井俊貴投手、近大・畠世周投手が147km/h記録

桜井俊貴, 柏原史陽, 畠世周

 関西学生リーグでは立命館大vs関西学院大、近畿大vs同志社大の対戦が行われ、プロ注目の立命大・桜井俊貴投手、同志社大・柏原史陽投手が登板した。また近畿大の3年生で186cm右腕・畠世周投手が147km/hを記録し勝利を挙げた。

共に反省

 立命館大の桜井俊貴投手は、この日は自己最速となる147km/hを記録し、ストレート中心の投球を見せ、7回までは無失点に抑える。しかし投球内容は四球の他にフルカウントも多く球数も増えると、8回に1失点して降板した。8回0/3で145球を投げ、3安打9奪三振で8四死球を与えるも1失点という内容だった。

 試合はその後、2年生の東克樹投手が1失点し同点に追いつかれるも、延長11回に立命大がサヨナラ勝利した。桜井投手は「もっと大胆にストライクゾーンで勝負していたら良かった」と話して反省した。後藤監督も「フルカウントまで行くケースが多かった」と話した。

 また近大vs同大の試合では、同志社大の柏原史陽投手が先発し、8回6安打10奪三振1失点と好投を見せた。開幕の関学大戦では4回1/3で4失点で降板と良くなかったようだが、この日は三振もきっちり奪うなど内容は良くなった。

 一方、近畿大は3年生の畠世周投手が先発、186cmから143km/hの速球を投げる投手として注目されていたが、この日は147km/hを記録したストレートで押し、8回まで無失点を続けた。9回に2アウトを取るも1,2塁とピンチとなった所で降板し、「最後まで投げさせてもらえなかった。もっと気持ちのコントロールをしないと」と反省したが、来年のドラフトにつながる投球を見せた。

 今年の候補である桜井投手、柏原投手も好投し、桜井投手は球にばらつきがあったようだがストレートのスピードも増している。このスピードで昨年のようなコントロールもできるようになれば、かなり面白い存在となりそうだ。

2015年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト

2015年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

近畿大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

桜井 最速147キロも球数の多さ課題 デイリースポーツ紙面 2015/4/12

 

畠 147キロも反省・・・ デイリースポーツ紙面 2015/4/12

 


PAGE TOP