法大・森田駿哉投手、早大・小島和哉投手が投げ合い、小島投手に軍配

小島和哉, 法政大, 早稲田大, 森田駿哉

 東京六大学リーグの早大vs法大の2回戦は、法政大は1年生ルーキー左腕の森田駿哉投手が先発、早稲田大は先発した竹内諒投手が2回で降板し、3回から同じく1年生ルーキー左腕の小島和哉投手が登板し、ルーキー左腕同士の投げ合いとなった。

最速148km/h、森田投手

 森田駿哉投手は富山商で夏の甲子園で好投し、また18Uアジア選手権でもエースとして好投を見せた。また、小島和哉投手は浦和学院で2年夏の甲子園で優勝、18Uアジア選手権ではリリーフとして好投した。

 共に東京六大学に進んだ両左腕、法政大の森田駿哉投手は、この日は最速148km/hを記録するなど、球の力で快調に飛ばし、6回まで3安打無失点のピッチングを見せた。しかし7回、振り逃げなどもあって2アウト満塁から、走者一掃の3ベースヒットを打たれて3失点、この回でマウンドを降りた。

 敗戦投手となり、「悔いが残ります。速球が上ずりました」と反省をしている。しかしまだ課題も見せたものの、素晴らしいピッチングも見せている。4年間で成長するように大きく育ててほしい。

 

小島和哉投手が勝利

 早稲田大は竹内諒投手が2回に2失点し、3回もノーアウト1,3塁とピンチを招いて降板した。登板したのは小島和哉投手。厳しい場面で登板したものの、けん制で一塁走者をアウトにすると、3番、4番も打ち取り無失点に抑えた。

 森田投手とのルーキー左腕同士の投げ合いとなり、5回を投げて3安打に3四死球と毎回ランナーを背負うピッチングだったものの無失点に抑え、7回以降に早稲田大打線が火を吹いて勝利投手となった。小島投手は「同じ1年生なので頑張った」と話した。

 昨年の18U日本代表では早稲田大の高橋広監督が指揮を執っていた。エースとして起用していた森田投手に勝利した小島投手に「小島は動じない。良くゲームを作ってくれた」と評価した。二人の左腕の対戦はこれから毎季行われる事になる。次は1戦目で、そして次は1戦目先発でと、一つ一つステージを上げていってほしい。

2018年度-大学生のドラフト候補リスト

とにかく冷静だった。3回無死一、三塁から救援すると、いきなりけん制で一塁走者を刺した。「雰囲気的に刺せそう」とセンスの良さを見せつけた。4回無死から出した先頭打者もけん制でアウトに。7回に代打を送られたが、直後に河原右京の走者一掃三塁打で逆転。その好投に値する勝利だ。

法大の先発・森田とは昨年の高校日本代表でチームメートだった。「同じ1年生なので頑張った」と投げ合いを楽しんだ。昨年、高校の代表監督だった高橋広監督は「小島は動じない。よくゲームをつくってくれた」と成長に目を細めた。

 青木監督は「森田のこん身の球。1年生捕手が捕れなくても責められない。


PAGE TOP