流通経済大・生田目翼投手が151km/h、来年ドラフト候補も野球は大学までか

大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 2015年大学野球選手権ニュース 2016年ドラフトニュース

 城西国際大との試合で先発した流通経済大の生田目翼選手は、この春のリーグ戦で155km/hを記録している。この日も151km/hを記録し、速球の力を示した。プロのスカウトも高い評価をしたものの、本人は野球はもういいと大学までという発言をしている。

大荒削り

 荒削りで破天荒な投手といえる。この日は最速151km/hを投げ、得意のスライダー、フォークで8回まで4安打に抑えて10三振を奪った。しかし9回に3つの四死球を与えて降板、合計8四死球で4点を失った。

 投球について「初めてのマウンドで楽しんでいこうと。出来は7くらい。左打者の内角をうまく使えた」と話したものの、「フォームのバランスが悪かった。最後は勝ちが頭をよぎってしまった」と話し、151km/hを記録した事については、「もっと出るかなと思っていた」と話した。

 

破天荒

 このピッチングに東京ヤクルトの松井編成部長は「来年注目される選手になるでしょう。ボールの速さは魅力」と話すと、千葉ロッテの永野チーフスカウトも「ボールが強い」と評価した。

 しかし生田目投手は将来について、「野球はやりたくない」と話し、「地元に帰って、のほほんと暮らしたい。公務員がいい。」と話した。そして最後に再び、「野球はやりたくない。草野球ならいいですね」と話した。

 野球についても友人に誘われて始めたものので、強いプロ野球への思いがあるようでもないようだ。「走るのは嫌いですが走らされた」と練習についても話す。

 150km/hを越す速球を投げる素質があるものの、気持ちとしては野球で将来をという感じではないようだ。しかし野球ファンとしてはその素質はすごいと思うし、この発言でプロでも成長するかどうかについては不安も残るが、その先が見てみたいという気持ちは強い。

 いろいろ話をしたものの、ピンチを抑えて叫ぶ姿や、投球についてのコメントを聞くと、野球への思いの強さがあるように見える。いずれにしても今年、そして来年、どんな成長を見せるのか注目したいし、来年の進路の決断にも注目したい。

2016年度-大学生のドラフト候補リスト

流通経済大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

流通経済大・生田目、来秋注目ドラフト候補は公務員やりたい 日刊スポーツ紙面 2015/6/11

 

投打で3年生コンビが躍動した。先発の生田目は、「初めてのマウンド。楽しんでいこうと思った」と最速151キロの直球と、キレ味鋭いスライダーを軸に、9回途中4失点10K。最終回は「勝ちが頭をよぎってしまった」と、3四死球を与え降板したが、潜在能力の高さを見せた。

「フォームのバランスが悪かった」と猛省したが、直球の最速は151キロ。「もっと出るかなと思っていた」と涼しい顔を見せた。

この日最速の151キロの直球とスライダー、フォークを操り「出来は7(割)くらい。左打者の内角をうまく使えた」と振り返った。来秋ドラフト候補に挙がるだけにネット裏にはスカウトが集結したが「(卒業後は)地元に帰ってのほほんと暮らしたい。転勤のない公務員になりたい」とおどけた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント