大商大・吉持亮汰選手が2試合連続マルチヒット、阪神スカウトが高い評価

大学野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 大学野球選手権、大阪商業大は大阪体育大と対戦し、6-3で勝利した。エースの岡田明丈投手がこの日も先発し、1番ショートの吉持亮汰選手が4打数2安打1打点の活躍を見せた。

強肩遊撃手

 吉持亮汰選手は50m5.8秒の足と、マウンドから投げて最速146km/hを記録した事もある強肩の遊撃手で、打撃でもこの春のリーグ戦で打率.439に10打点を記録している。

 そして出場した大学野球選手権では、初戦の西日本工業大戦で3打数2安打に2つの四死球で出塁し、出塁すると3つの盗塁を決めた。吉持選手が出塁するたびに相手が動揺し、試合の流れを引き寄せるのが分かるような感じだった。

 そしてこの日も4打数2安打に1つの四死球で出塁し1打点も挙げた。素質に加えて実績も揃い、いよいよ注目度が高まってきた。阪神の畑山スカウトは「普段通りのプレーができている」と話し、視線を送り続けた。

 阪神は鳥谷選手の移籍騒動や今シーズンはやや不調だったことから、ポスト鳥谷二注目が集まったものの、北條史也選手などの候補はいるがあと一歩という感じで、リードオフマンタイプで打てる遊撃手の吉持選手は非常に魅力的といえるだろう。

 ただし打てる遊撃手は他球団も当然狙う。ドラフト会議では3位当たりでは名前が呼ばれているのではないかと思う。

 

岡田投手は

 1回戦で150km/hを記録し9回途中まで3安打7奪三振1失点と好投した岡田明丈投手は、この日は6回2/3を投げて5つの四死球を出すなど、やや苦しいピッチングとなった。それでも3安打2失点に抑え、チームのベスト8入りに貢献した。

 岡田投手については、昨年秋に急成長を見せ、この春に一気に実績を残した投手。これまで全国大会での登板も無かった。1年時から活躍している富士大・多和田真三郎投手や昨年春から活躍を続けている仙台大・熊原健人投手に比べると、成長の段階が一歩遅れている感じで、評価もそういう感じになりそうだ。

 しかし、着実に成長をして行きそうな感じで、この大会で経験した事、そして課題に取り組んだり体を強くしたりして、さらに成長した姿を見せてくれると思う。将来性を評価できる投手といえる。

2015年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

第64回(2015年)全日本大学野球選手権、注目選手一覧! | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

切り込み隊長が32年ぶりとなる8強進出の原動力となった。二回に一時は勝ち越しとなる左前適時打を放つなど、2安打1打点1四球の吉持。今大会の出塁率は・700をマークしており、阪神・畑山スカウトも「普段通り、プレーできている」と目を細める。

 逆転された直後の七回には無死一塁から四球で好機を拡大した。50メートル5秒8、マウンドから146キロの快速球を投じる強肩を併せ持つ吉持。神宮で試合を重ねるに連れ、プロの評価も増してきている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント