白鴎大・中塚駿太投手が153キロ、巨人スカウト密着マークへ

白鴎大, 中塚駿太

関甲新リーグでは白鴎大の150キロ右腕・中塚駿太投手がリリーフで登板し、最速153キロを記録した速球で、1回1/3を無安打無失点に抑えた。

巨人スカウトが高い評価

中塚駿太投手は191cm102kgの大型右腕で、昨年まで153キロの速球を投げており、先日の関東学園戦では157キロも記録したという。この日の山梨学院大戦では2番手で登板し、1回1/3を無安打に抑えて完封リレーに貢献をした。

視察した巨人の山下スカウト部長は「常時150キロが出る力があり、特にクロスに入る球は素晴らしい」と評価し、担当スカウトに密着マークを指示したという。

中塚投手は圧巻の速球を投げるものの、四球を連発したりと制球難で投げても短いイニングしか投げなかったり、なかなか結果につながらなかった。プロのスカウトもなかなか登板機会に会えない投手であり、何度も試合に足を運び、また学校のグラウンドで練習時の投球を見たりして、評価をしていく事になる。

中塚投手をどのように成長させていけるか、そして課題をクリアしたときに、どんな投球をみせるのか計り知れない所がある。楽しみなドラフト候補の一人。

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

白鴎大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

視察した巨人・山下スカウト部長は、この日最速153キロを記録した1メートル91、102キロの大型右腕を「常時150キロが出る力があり、特にクロスに入る球は素晴らしい」と評価し、担当スカウトの密着マークを示唆した。


PAGE TOP