2017年ドラフト候補、大学生編

斉藤大将, 笠松悠哉, 大竹耕太郎, 熊谷拓也, 熊谷敬宥, 水野匡貴, 柳沢一輝, 鍬原拓也, 草場亮太, 井手亮太郎, 高橋遥人, 嘉陽宗一郎, 宮台康平, 岩見雅紀, 宮本丈

2017年のドラフト候補紹介、今日は大学生編です。

2016年は

創価大・田中正義投手、桜美林大・佐々木千隼投手が今年の目玉投手となり、ドラフト会議では田中選手が1回目の入札で5球団が重複、佐々木投手が2回目の入札で5球団が指名重複した。ドラフト1位では明治大の柳裕也投手にも2球団が指名重複し、大学代表4番の大山悠輔選手には阪神が単独1位指名した。その他にも横浜DeNAが神奈川大の濱口遥大投手、巨人が中京学院大の吉川尚輝選手、広島が慶応大の加藤拓也投手を1位指名し、1位指名で7人を占め、ドラフト全体でも42人が指名される活況ぶりとなった。

注目選手

残念ではあるが、現時点で昨年の田中正義投手クラスの注目される選手や、柳裕也投手クラスの実績を残している選手はいない。

しかし、東大の宮台康平投手はサウスポーから150キロを投げ、東京六大学を、大学を代表する左腕であることは間違いなく、注目度は非常に高い。また、九州産業大の草場亮太投手は183cmから152キロの速球を投げ、綺麗なフォームもありスカウトの評価は、春以降徐々に高まってくるとみられ、秋にはドラフト1位の声が挙がっていそうだ。九産大では井手亮太郎投手も147キロのアンダースローで一時期活躍を見せた。4年でしっかりと投げることができれば指名の可能性が高い。

野手では奈良学園大の宮本丈選手が注目される。181cmの遊撃手で盗塁の能力が非常に高く、打撃でも強い打球をしっかりと打てる。守備も定評があり内野手では屈指の存在といえる。

注目リーグ

東京六大学

東京六大学リーグ、東都リーグに目を向けると、東京六大学でドラフト1位名確実といえるのは東大の宮台投手だけだろう。宮台投手もプロ志望という事で、故障の影響次第ではあるがドラフト2位以上は固いとみられる。

指名されそうなのは、立教大の笠松悠哉選手と慶応大の岩見雅紀選手か。プロが求めている右の大砲候補で、笠松選手は大阪桐蔭の春夏連覇メンバーでもある。大学でも2年秋に4本塁打を打った。しかし今年は春、秋ともに低迷しており、4年での一押しがなければ指名見送りの可能性もある。岩見選手は今年春は4本、秋は3本を放ちドラフトでも上位に入ってくる可能性もある。立教大では守備のセンス抜群の熊谷敬宥選手も候補に入ってくる。

早稲田大の大竹耕太郎投手は大学1年より実績も十分だったが、今年春は3試合6回2/3しか登板できず、今のところ10勝7敗止まり、高校時代からクレバーな投球をしていたが、もう少し球速も欲しいし実績も欲しい。柳沢一輝投手は高校時代に捕手でプレーしながらリリーフ投手として150キロを投げていたが、大学では今年秋にようやく活躍を見せた。リリーフとして140キロ後半クラスの球を投げ込んでおり、来年春のリーグ戦が注目される。

明治大は柳裕也、星知弥というエースが抜け、いよいよ水野匡貴投手、斉藤大将投手の登板機会が増えそうで、真価が問われる事になる。法政大は151キロを投げる熊谷拓也投手に期待したいが、これまで機会をもらっているものの結果を残せていないところがやや不安、4年でのブレークに期待したい。宮本幸治投手や水谷友生也選手など高校時に注目された選手にも期待したい。

東都

指名確実といえる選手は1部にも2部にもいない。指名されそうな選手としては亜細亜大・嘉陽宗一郎投手、高橋遥人投手、中央大・鍬原拓也投手の3人か。嘉陽投手はだんだん結果を残せなくなって来ているが体があり1年時に力のある球を投げていた実績がある。高橋投手は今年150キロを越した左腕投手でまだ実績にはつながってきていないが、需要が多そうだ。鍬原投手は強い球を投げられ、この秋は実績を作った。

その他では専修大の高橋礼投手が187cmのアンダースローとして下級生のころから大学代表に加わるなど期待されているが、先発ではなかなか結果を残せてない。国士舘大の椎野新投手はは194cmの右腕で、駒澤大・東野龍二投手は切れの良い球を投げるサウスポー、しかしともに球威と何かもう一つ欲しいというところ。

2017年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト

2017年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト

その他の注目選手

上武大の鳥巣誉議選手は巧みな打撃を見せ続けている。セカンドやショートを守れるところもありセンスを見せる。小豆澤誠選手は抜群の守備を見せる遊撃手で大学屈指の守備力。東海大の下石涼太選手も1年からショートを守り、今年はセカンドを守ったものの守備などは大学トップクラス。大商大の榎本和輝選手は高校時代に投打で注目された選手で、大学でも投打で活躍をしている。どちらかで一皮むけた活躍を期待したい。九州国際の宮城知秀選手は一度社会人野球でプレーした後、大学に入学し、1年目は爆発的な活躍を見せた。しかし全国大会では目立つプレーは見せられず、そこが気がかり。

東北福祉大の楠本泰史選手は侍ジャパン大学代表常連の選手で、馬力の強さがありそうな選手。仙台大の馬場皐輔投手は150キロの力のある球を投げ、球威では屈指でドラフトでの指名はありそうだ。白鴎大の今村曉人投手はどんどん成長をしている投手で148キロを記録、筑波大にはエース格として投げ始めている大場遼太郎投手と、リリーフとして148キロの速球を投げる大道寺拓投手がいる。横浜商大の大城悠也選手は左で打率を残せる選手、渡辺佑樹投手は182cmの左腕投手として期待される。

敬愛大の鎌田光津希投手は180cmから145キロを投げる力のある投手、龍谷大の藤岡大士投手も149キロを投げる184cmの右腕投手、滋賀大学の青木大地投手も腕の振りが良く144キロの速球を投げる。立命館大の東克樹投手はエースとして実績十分、170cmと小柄ではあるが145キロの速球はきれこんでくる。

広島経済大には181cmから146キロの速球を投げる野村尚樹投手がいる。打撃でもセンスが高いようだ。名桜大の桑田真誠投手は188cm91kgのサイドスロー投手で練習試合で145キロを記録しているという。

不作と言われる大学生だが、輝きを見せそうな選手は全国各地におり、ドラフト時の評価は低くてもプロ入り後に活躍するような原石がたくさんいそうだ。

2017年度-大学生のドラフト候補リスト


PAGE TOP