東都大学リーグ4年生の進路

東都大学リーグの4年生の進路がスポーツニッポン、スポーツ報知に掲載された。高校時代に注目された選手の進路を追ってみる。

東都大学リーグ4年生の進路

東都大学リーグの各大学にも、高校時代に注目された選手が数多く入部をしている。特に激戦が続く東都では1部の6大学だけでなく2部の6大学も積極的にスポーツ推薦などで選手を獲得している。

今年のプロ入り選手は立正大・黒木優太投手(オリックスドラフト2位)神戸文也投手(オリックス育成ドラフト3位)、日本大・京田陽太選手(中日ドラフト2位)、専修大・森山恵佑選手(北海道日本ハム4位)、亜細亜大・宗接唯人捕手(千葉ロッテ7位)の5人となった。東京六大学の8人に及ばず、ドラフト1位指名選手も0人に終わった。

東都に入部する選手のレベルからすると、最低でもドラフト1位指名選手が1人は出てほしいし、各チームから最低一人はドラフトで指名される選手を輩出してほしい所だ。ただし、社会人で野球を継続する選手も多く、社会人でさらに積んでプロ入りの夢をかなえてほしい。

日本大の卒業選手の進路(2016年度)

東洋大の卒業選手の進路(2016年度)

亜細亜大の卒業選手の進路(2016年度)

国学院大の卒業選手の進路(2016年度)

中央大の卒業選手の進路(2016年度)

専修大の卒業選手の進路(2016年度)

高校時代に期待された選手

日大では日大鶴ヶ丘で187cmから140キロの勢いを投げるリリーフとして注目された大高光投手や、広島商で3年夏の広島大会で大活躍を見せプロも注目した竹田徹司選手がいたが、共に4年間で試合出場はなく、大高投手は卒業後は軟式で、竹田選手は一般就職をする。

専修大では浦添商でエースとして甲子園でも好投を見せた宮里泰悠投手がいたが、大学で実績を残すことはできず、卒業後は軟式でプレーする。

プロ野球選手だけが人生ではない。自ら東都リーグという厳しいリーグの、そして全国から選手が集まってくるような各大学に身を投じて挑戦を続けた事を誇りに、社会人として挑戦を続けてほしい。頑張れ!

2016年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト


PAGE TOP