中央大・松田進選手はHondaで2年後目指す

松田進, 中央大, Honda

国学院久我山、中央大で187cmの遊撃手として注目された松田進選手は、Honda入りし2年後を目指す。

187cm遊撃手

松田進選手は187cmの遊撃手で身体能力が高く、50m6.1秒の足もある選手。中央大では2年秋に打率.304を残すと3年春には3本塁打に打率.349を残し成長を期待させた。しかし秋は0本塁打に打率.240と苦しむと、今年は春.289、秋.275で、期待されたホームランも1本にとどまった。

高校時代は同じ東京地区で二松学舎大付の鈴木誠也選手とともに注目された。その鈴木誠也選手が広島カープで今年ブレークすると、松田選手もプロへの強い思いを抑えきれずプロ志望届を提出する。しかしプロからの指名はなく、「もう手の届かないところに行ってしまいました」と笑った。

松田選手はHondaに進み、2年後にプロへの再チャレンジをする。大型遊撃手のこだわりもあるだろうが、右のスラッガーとしての力も磨いてほしい。松田選手は「いい場所でまた会えたらいいなと思います」と、鈴木選手へ少しでも食らいついていく。

中央大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

Hondaのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

中大・松田はホンダへ 日刊スポーツ紙面 2016/12/30

PAGE TOP