奈良学園大・宮本丈選手に注目、大学NO.1遊撃手

奈良学園大, 宮本丈

今年の大学生のドラフト候補では、NO.1内野手として奈良学園大の宮本丈選手が今年注目されそうだ。

大学NO.1ショート

宮本丈選手は元々遊撃手として高い守備力を見せていたが、昨年の大学野球選手権で、準々決勝の関西国際大戦の延長10回にサヨナラ満塁ホームランを放ち、ドラフト候補としていっそう注目を集めるようになった。

昨年の日米大学野球の代表合宿では、中京学院大・吉川尚輝選手や、日大・京田陽太選手がおり、選考では落ちてしまった。しかし二人のプレーに触れ、吉川選手とは風呂で1時間も野球談議をしたという。「吉川さんは華があって、京田さんは見ていて安心できるプレー。自分も2人のように守備へのこだわりを持たないと」と、さらに守備のレベルアップを目指す。

今年の目標は8月に行われるユニバーシアードに代表入りする。東京の大学の選手を意識し、「関西でもできるってところを見せたい。今年は自分が大学野球を引っ張っていきたいですね」と話した。

2017年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

「大学NO1ショート」への誓いを立てるのは、奈良学園大の主将・宮本丈(3年)だ。昨年の全日本選手権準々決勝・関西国際大戦(神宮)では、延長10回にサヨナラ満塁弾。「あれで人生が変わった」と、一気にドラフト候補へと名乗りを上げた。


PAGE TOP