青学大が始動、148キロサイドスロー・葛川知哉投手が決意示す

青学大, 葛川知哉

東都リーグの青山学院大が今年の練習を開始し、サイドから148キロの速球を投げる葛川知哉投手が今年の決意を示した。

プロ注目サイドスロー

葛川知哉投手は180cm82kgの右腕で、サイドスローから148キロの速球を投げ、昨年秋の2部リーグで4勝1敗を挙げて優勝争いに貢献した。大阪桐蔭出身で森友哉投手と同学年でバッテリーを組み、甲子園でも好投を見せていた。

葛川投手は今年について、「自分にとって、大事な年。今年こそ、1部に上がるという気持ちを持ってやりたいです」と話し、4年生となりエースとしてチームを背負う事、また口にはしなかったものの、プロなど上のステージにつながる成績を残す決意を示した。

青学大は駅伝チームが3冠となり、箱根駅伝3連覇を果たした。葛川投手は「勝ち続けるのは凄いこと」と話し、野球部も春に2部で優勝し1部昇格、そして秋に1部で優勝して陸上部のように渋谷でパレードを「できればいいですね」と話した。

1部昇格、プロ入り、葛川投手の1年が始まった。

青山学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

右サイドから、最速148キロを誇るプロ注目の葛川知哉投手(3年=大阪桐蔭)は「自分にとって、大事な年。今年こそ、1部に上がるという気持ちを持ってやりたいです」と意気込んだ。


PAGE TOP