日大が始動、千葉翔太選手も大学最終学年

千葉翔太, 日本大

東都リーグの日本大が今年の練習す開始した。花巻東時代に甲子園でカット打法を見せ、議論を巻き起こした千葉翔太選手も大学最終学年を迎える。

ミスショットをゼロに

千葉翔太選手は157cmの外野手で俊足とともに、バットのコンタクトが良い選手で、高校時代は金属バットを活かしてカットに徹し、甲子園では相手投手に数十球も球数を費やさせた。この事が議論を巻き起こし、続く試合では審判からバントと判断されるなどしてそれもまた議論を呼んだ。

大学に入学すると、議論となった事も影響してか力の入ったフルスイングを見せていおり、1,2年では試合に出られなかった。しかし足の速さを活かすため、ミートポイントをしっかり意識する打撃に取り組んでゴロを打つ練習をすると、昨年春のリーグ戦では初スタメンで出場し、初安打も記録した。

まだ出場試合も少ないが、4年生となる今年はレギュラーとして出場する事が期待される。千葉選手は「ミスショットをゼロにして打率・300、出塁率・500、日本一を目指す」と話した。小さな体だが、足の速さを活かしたリードオフマンとして、また高校時まではいかなくとも相手投手が嫌がる打席での粘りを、堂々と武器にして欲しい。

日本大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

花巻東高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP