明治大の新入部員が入寮、入江大生選手は投手で4年後ドラフト目指す

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

明治大は4月に入部をする選手が入寮し、作新学院の4番・入江大生選手、横浜高校の主砲・公家響選手などが姿を見せた。明治大はスポーツ推薦の合格を発表しませんが、現在分かっている新入部員をまとめます。

明治大新入部員のプロフィール

 ※2月1日時点で判明している選手

守備名前出身特徴短評
投手入江大生作新学院184cm72kg 右右甲子園で3本塁打も最速146キロの右腕として大学では投手に、4年後今井と肩を並べるところを目指す
中山晶量鳴門185cm75kg 右右1年時に甲子園で登板し質の良さ見せ、その後は140キロ後半を記録するも故障に苦しむ、打撃も◎
市岡奏馬龍谷大平安178cm71kg 左左キレの良い142キロ投げプロスカウトも注目した左腕
石毛力斗健大高崎173cm65kg 左左勢いあるフォームから伸びる速球投げる 
捕手清水風馬常総学院181cm85kg 右右3年春の甲子園で強肩と安定したキャッチング見せる
今村大輝二松学舎大付172cm74kg 右右1年時より大江竜聖投手とバッテリーとして活躍
内野手松下且興九州学院176cm68kg 右右1年時から4番遊撃手を任された、伸び悩みを見せたが素質高い
杉本勇中京大中京165cm70kg 右左1年春からメンバー入り、センス抜群の内野手
藤江康太千葉黎明170cm63kg 右左小柄だが長打力あり、盗塁をもしっかり決められる
外野手公家響横浜179cm79kg 右右3年夏の甲子園でホームラン、伸びる打球は4番候補 


明治大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント