日大2年・山本龍之介投手が149キロ、日大、亜大が勝利

大学野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

東都リーグ1部は、日本大が中央大に勝利し1勝1敗、亜細亜大が専修大に勝利し勝ち点を挙げた。日大の2年生・山本龍之介投手が149キロを記録した。

149キロ

山本龍之介選手は184cm87kgの大型右腕で、札幌日大ではエースとして2年秋に北海高を相手に2-3で敗れたものの9三振を奪い完投するなど、ライバルの強豪校と渡り合ってきた。

日大に進むと1年生だった昨年の明治神宮大会で147キロを記録し注目されるようになると、この冬は体重を6kg増やして87kgとし、「力を入れなくても球速が出るようになった」と球速アップに成功していた。

そしてこの日、2戦目の先発を任されると初回に自己最速となる149キロを記録、7回途中までを投げて6安打7奪三振3四死球で自責点は1に抑えた。「7回は抑えたかった」と降板したことを反省したが、仲村監督は「これから柱になってもらう投手」と大きな期待を寄せた。

日大は延長10回にサヨナラで勝利し中大との対戦を1勝1敗とした。

頓宮捕手が大活躍

亜細亜大は専修大に2連勝で勝ち点を挙げた。4番を打つ3年生の捕手・頓宮裕真選手はこの日は5打数3安打3打点、3回にはレフトスタンドに入る2ランホームラン、そして同点の9回は2アウト1,2塁の場面で左中間にサヨナラヒットを放った。前日も5打数2安打2打点、勝ち越しのヒットを打っており、10打数5安打5打点と大暴れをしている。

頓宮選手は岡山理大付出身の大型捕手で、強肩強打で注目されていた。昨年までは千葉ロッテにドラフト7位で指名された宗接唯人捕手がマスクを被っていたが、今年からは正捕手としてマスクを被る。しかし春の練習試合では調子が上がらず8番を打っていた。

しかし「打撃時に右膝が内側に落ち込む癖を修正し、バットが下から出なくなった」と修正が短期に効果を生み、リーグ戦では4番を打って大活躍、チームの2連勝に貢献した。

またこの日はドラフト候補の嘉陽宗一郎投手が登板したものの、5回を投げて5安打2奪三振2失点、球速も130キロ台が多く制球重視の投球だった。

日本大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

亜細亜大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2019年度-大学生のドラフト候補リスト

2018年度-大学生のドラフト候補リスト

札幌日大出身で1年だった昨年はリーグ戦2試合に登板。秋には救援で初白星を挙げ、明治神宮大会では147キロを計測して注目を集めた。冬場にウエートや食事の量を増やして体重は6キロ増の87キロ。

この日は3回の左越え2ランを含む3安打3打点と大暴れし「打撃時に右膝が内側に落ち込む癖を修正しバットが下から出なくなった」と好調の要因を挙げた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント