東都2部、国士大・椎野新投手、駒大・東野龍二投手、青学大・葛川知哉投手に6球団スカウト

葛川知哉, 椎野新, 東野龍二

東都2部は駒澤大vs国士舘大、青学大vs立正大の試合が行われ、国士大・椎野新投手、駒澤大・東野龍二投手、青学大・葛川知哉投手のプロ注目3投手がそれぞれ先発した。

6球団スカウト前で

好投を見せたのは駒大の東野龍二投手、椎野投手との投げ合いとなったが、最速138キロながらテンポの良い投球で、9回4安打6奪三振3四死球で2失点に抑え完投勝利を挙げた。自責点は0だった。

東野投手の投球について視察した6球団のスカウトのうち、横浜DeNAの武居邦生スカウトは「制球が良い左腕というのはなかなかいない。候補になりうる選手」と評価した。

東野投手はこれで1,2部通算でリーグ通算13勝、1年生の秋に今永昇太投手と共に先発の軸になる投球を見せ、明治神宮大会優勝に大きく貢献した。その後チームは2部に降格していた。

一方、国士大の椎野新投手は球速は130キロ台も194cmの長身右腕として、開幕の拓殖大との試合では8回2失点と好投をしていた。この日は4回まで0点に抑えるも、5回に四球から相手の足を絡めた攻撃で1失点しなおも満塁、そこで満塁ホームランを浴び一挙5失点、結局、4回1/3を投げて5安打4四死球3奪三振で5失点という内容だった。

青学大の葛川知哉投手は立正大戦に先発、9回まで3失点も3-3と決着がつかず延長戦に、その延長も12回まで無失点に抑えたが、13回に2アウトから1点を許し、3-4で敗れた。13回を投げて5安打7四死球7奪三振4失点、183球を投げた。

葛川投手は右のやや横から投げる球はキレがある。最速は148キロだが、130キロ台後半のキレの良い球を投げる投手。開幕週の東農大戦では9回1失点完投をしており、この日は敗れたものの安定感抜群。

3投手とも球速は130キロ後半だがそれぞれ特徴を持った投手。大学からすぐにプロというと、社会人で特徴を磨いてからという印象を受ける。しかし今年は大学生投手のドラフト候補が少なく、阪神の岩崎優投手や青柳晃洋投手のように特徴を生かして活躍しそうな投手の指名があるかもしれない。

2017年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト

視察したDeNAの武居邦生スカウトは「制球が良い左腕というのはなかなかいない。候補になりうる選手」と評価した。

6球団のスカウトの前で最速138キロの速球を軸にテンポの良い投球を見せた。

今秋ドラフト候補右腕の葛川知哉投手(4年、大阪桐蔭)が13回3失点183球の熱投も実らず黒星を喫した。13回2死から勝ち越しを許し、9回に同点に追いついた打線もあと1本が出なかった。


PAGE TOP