上武大が優勝、鳥巣誉議選手の2本のタイムリーと完封リレー

上武大, 鳥巣誉議, 寺沢星耶, 宮川哲

関甲新大学リーグは、上武大が6季連続となる30度目の優勝を果たした。鳥巣誉議選手のタイムリーなどで序盤から点差を広げ、プロ注目投手の完封リレーで7回コールド勝利での優勝だった。

同率決戦

共に勝ち点4で、9勝1敗で迎えた上武大vs白鴎大の3回戦、勝てば優勝が決まる試合で、上武大が強さを見せた。

初回に3番の鳥巣誉議選手がタイムリー2ベースヒットで先制すると、3回には4安打で4点、4回には再び鳥巣誉議選手がタイムリー3ベースヒットで1点を挙げ、7回には5安打で4点を奪い10-0でコールド勝利を決めた。

投げては来年のドラフト候補投手、3年の寺沢星耶投手が4回2安打2奪三振無失点に抑えると、最速149キロを記録する今年のドラフト候補・宮川哲投手が3回2安打1奪三振無失点に抑えた。

優勝が決まる試合でコールド勝利と力を見せた上武大は、鳥巣選手、宮川投手の他に、この日3ベースヒットを打った1番の快足外野手・島田海吏選手などもおり、大学野球選手権では注目のチームとなる。

上武大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-関甲新学生リーグのドラフト候補リスト

2017年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

谷口監督は「優勝したら俺も頭を丸めると選手に話しました。丸めなきゃまずい。約束ですからね」と苦笑い。試合直後のミーティングで「今から断髪式をやる。バリカンを持ってきて!」と声を張り上げたが、あいにくグラウンドの近くにバリカンは見当たらず。


PAGE TOP