侍ジャパン大学代表が韓国を撃破、ベスト4進出

大学野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 侍ジャパン

ユニバーシアードを戦う侍ジャパン大学代表は、スーパーラウンドの初戦で韓国と対戦し、2-1で勝利した。森下暢仁投手が2回を投げて6者連続三振と圧巻投球を見せ、流れを変えた。

森下投手の圧巻投球

侍ジャパンは青島凌也投手が先発をしたものの連打を浴びて初回に1点を許した。しかし侍ジャパンは2回、渡辺佳明選手のタイムリーで1-1の同点に追いつく。

その後は投手戦となるが、6回に2番手として森下暢仁投手がマウンドに上ると、低めに決まるストレートと変化球に切れがあり6回を三者連続三振に抑える。すると、その裏に大平達樹選手のホームランが飛び出し、2-1と勝ち越す。

勝ち越した7回も森下投手がマウンドに上がると、6回に続いて三者連続三振の圧巻ピッチングを見せる。これで流れを決め、8回からは松本航投手が2回をノーヒット2奪三振に抑え、韓国を撃破した。

森下投手は2015年のU18代表に選出されていたが、チームの軸としての活躍を見せることはできなかった。今夏は大学代表で侍ジャパンのユニフォームを着て、チームの柱的存在となりそうだ。

1 島田 海吏 左 3打数0安打
2 竹村 春樹 遊 2打数0安打1四死球
3 中川 圭太 二 2打数1安打1四死球
4 楠本 泰史 指 4打数0安打
5 大平 達樹 一 3打数2安打1打点1本塁打
6 辰己 涼介 中 4打数2安打
7 内海 大寿 右 2打数0安打
8 小畑 尋規 捕 4打数0安打
9 渡辺 佳明 三 3打数2安打1打点

青島凌也  5回6安打1失点、5奪三振、1四球
森下暢仁  2回0安打0失点、6奪三振、0四球
松本航   2回0安打0失点、2奪三振、0四球

侍ジャパンはこれでベスト4進出を決めたが、今日26日はAグループ1位のチェコと日本時間の19時30分から対戦する。

2017年大学日本代表候補選手一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント