侍ジャパン大学代表のドラフト指名は?

斉藤大将, 小畑尋規, 阪本大樹, 小林遼, 東克樹, 岩見雅紀, 楠本泰史, 宮本丈, 大平達樹, 島田海吏

ユニバーシアードで金メダルを獲得した侍ジャパン大学代表、ドラフト会議ではだれが指名されそうかなど評価をしてみます。

投手

投手で4年生は斉藤大将投手、東克樹投手、阪本大樹投手の3人、東投手はプロ志望も表明しており、1位で指名されるものとみられる。即戦力左腕としてはJR東日本の田嶋大樹投手がいるが、田嶋投手と比較される所まできていると思う。

斉藤投手はまだムラもあるが、変則フォームの投手として貴重と評価する球団がありそうだ。評価は難しい所で今年のドラフトの状況であれば3位くらいで考えそうな所もあるかもしれない。阪本投手も投げっぷりが良く、決め球を持っている投手だが、身長が高くなく球速ももう少し欲しい感じもある。

捕手

野手では立正大の小畑尋規捕手が、リーグ戦やこの代表でも正捕手として活躍し、評価されそうだ。小林遼捕手と大平達樹捕手は、特に目立つ成績は挙げられなかったが、昨年までの評価があるため指名があるかもしれない。

内野手

楠本泰史選手は打撃で大学屈指の存在で、ポジションの面で大きな+αが無くても指名は確実と思う。遊撃手として注目された宮本丈選手は、今年の大学野球選手権に出られず、この代表でもパッとした活躍は見せられなかった。リーグ戦で活躍を見せ、守備や足に打撃の成長も評価されているが2位までに入ってい来るかは微妙、ただし即戦力遊撃手の候補が少ない事から入ってくる可能性もあるが。

熊谷敬宥選手、竹村春樹選手は高校からの実績もあるが、堅実な内野手として社会人でプレーしさらに実績を積んでという事になりそうだ。

外野手

島田海吏選手はリーグ戦でも抜群の足を見せており、この代表戦でも足の魅力を見せつけた。日本生命の神里和毅選手との比較となりそうだが、プロ志望をすれば指名がありそうだ。

リーグ戦では広島などが打撃の迫力に注目していた岩見雅紀選手だが、代表では控えとなり、打撃で結果も見せられなかった。横尾俊建選手くらいの評価となりそうだ。内海大寿選手もパワーある打撃があるが、プロに行くにはもう一つ磨く必要がありそう。

2017年大学日本代表候補選手一覧


PAGE TOP