立命館大・東克樹投手に40人のスカウト、阪神は8人態勢

東克樹, 立命館大

立命館大の東克樹投手が関西学生リーグの関西大戦で登板し、7回6安打1失点で敗戦投手となった。この試合には11球団40人のスカウトが集結した。

コンディションが良くない中

9月23日の京都大戦で左太ももの張りを感じて1回で降板していた東克樹投手、共に大学代表で好投を見せた関西大・阪本大樹との投げ合いとなるこの日に向け、1週間は治療に専念するなど調整を続けてきた。

初回、東投手は151キロを記録するなど調子が良いとみられたが、3回以降に球速が140キロ前半に落ちた。左手中指に血豆ができており、7回には破れて出血し降板した。血豆は「普段からできやすい」という。

結局この日は6回0/3を投げて6安打6奪三振1失点、ストレートが指にかかりにくかったため変化球を中心に6回までを抑えたが、7回に許した先頭打者が降板後にホームに還り1失点となった。関西大の阪本投手が9回5安打6奪三振で完封し1-2で試合も落とした。「このままでは悔いが残る。肩、肘は問題ないので、3戦目にいけるようなら投げたい気持ちは強い」と東投手は話した。

11球団40人のスカウト

この日は阪神が8人態勢で視察するなど、ドラフト1位候補の東投手に11球団40人のスカウトが集まり、それぞれ高い評価をしている。1位指名という声が次々と挙がり、ドラフト会議では1位で消える事になりそうだ。

広島・白武佳久スカウト部長:「走者をためても落ち着いているし、投球にうまさがある。1位で行かないと取れない。」

千葉ロッテ・永野吉成チーフスカウト:「左ではトップレベル。オープンステップ気味で体ごと向かってくる感じだから、右打者は打ちづらいだろうね。」

中日・中田宗男スカウト部長:「状態が良くない中、いろんな球を使いながら、という印象。1位候補の12人に入ってくるのは間違いない。」

北海道日本ハム・大渕隆スカウト部長:「まとまりのいいピッチャー。コントロールがいいし、変化球も多彩。」

左腕では、JR東日本の田嶋大樹投手と共に注目され、単独1位指名をする球団も出てくるかもしれない。

2017年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
2017年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト

▼広島・白武佳久スカウト部長 走者をためても落ち着いているし、投球にうまさがある。1位で行かないと取れない。
▼ロッテ・永野吉成チーフスカウト 左ではトップレベル。オープンステップ気味で体ごと向かってくる感じだから、右打者は打ちづらいだろうね。
▼中日・中田宗男スカウト部長 状態が良くない中、いろんな球を使いながら、という印象。1位候補の12人に入ってくるのは間違いない。
▼日本ハム・大渕隆スカウト部長 まとまりのいいピッチャー。コントロールがいいし、変化球も多彩。


PAGE TOP