千葉ロッテ、東洋大・鈴木大地選手を上位指名!

東洋大, 鈴木大地

千葉ロッテが東洋大の遊撃手、鈴木大地選手を上位で指名することがわかった。

鈴木選手は東洋大の主将・3番打者・遊撃手としてチームを大学選手権で優勝させ、日本代表でも主将を務めるなど実力、人望のある選手。打席に入るたびに審判に深々と礼をする姿は、何か深いものを感じるほどだ。

千葉ロッテは西岡剛選手がメジャーへ移籍したのち、荻野貴司選手を内野にコンバートしたもののケガで離脱、現在はベテランの渡辺正人選手が守るが補強が必要なポジションとなっている。山下徳人スカウトは「練習に取り組む姿勢もいいし、内野手ではNo・1の評価。何年かすればプロでも3割を打てる。藤岡に続く2位指名もある」と高い評価をしており、また他球団も当然、大型内野手である鈴木選手を狙っている事から2位指名が予想される。

キャプテン剛のポジションに、全日本の主将をつとめた鈴木選手が適任だと考える。

  •  - 

  • PAGE TOP