星槎道都大は優勝ならず、148キロ右腕・福田俊投手被弾も

福田俊, 星槎道都大

明治神宮大会、決勝まで勝ち進んだ星槎道都大は、148キロの速球を投げる来年のドラフト候補・福田俊投手が先発した。

創価大戦で11奪三振完封

福田俊投手は170cmの左腕投手で最速148キロの速球を投げる。この日の決勝では先発を任され、4回までは無失点に抑えた。しかし5回、1アウト1塁の場面で2ランホームランを許し、これが決勝点となった。福田投手は「失投だった。悔しいの一言です」と話した。

それでも福田投手は今大会、準々決勝の創価大戦で11三振を奪って完封し、プロのスカウトの目にも留まった。来年のドラフト候補として名前はインプットされた。

「まだまだ力不足。戻って来られるように頑張りたい」と話し、この冬にさらに成長することを誓った。来年春には150キロという事にもなりそうで、ドラフト候補左腕として注目したい。

2018年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト


PAGE TOP