立教大vs桐蔭横浜大のオープン戦、新2年生・三井健右選手が3安打3打点

内山昂思, 中川颯, 松崎健造, 三井健右, 山地大成

大学野球のオープン戦もスタート、立教大は桐蔭横浜大と対戦し、新2年生の三井健右選手が4打数3安打3打点の活躍を見せた。

オープン戦

立教大は3回に松崎健造主将のタイムリーなどで3点を奪ったものの、6回に守備のミスなどで5点を奪われた。7回に新2年生となる三井健右選手の2点タイムリー3ベースヒットがでて逆転し、7-6で勝利したものの、苦い戦いとなった。溝口監督は、「昨年春に優勝したことも秋の4位でもう昔のことのようなもの。イチからですね。ミスが多く、練習ももっともっとしないといけない」と厳しい評価をした。

立教大は昨年春の東京六大学リーグで優勝し、大学野球選手権でも優勝して日本一となった。しかし秋のリーグ戦では4位に沈んだ。主軸の笠松悠哉選手、内野の要・熊谷敬宥選手などが抜け、新チームではだれが中心となってくるのかが注目される。

投手陣は1年生で安定した投球を見せた中川颯投手がこの日先発すると、3回をノーヒット、2四死球などで1点を失ったが好投を見せた。またエースの新3年生・田中誠也投手や、手塚周などもおりこちらは戦力が残っている。それでも慶応大の若い投手陣や明治大、法政大、そして早稲田大の巻き返しなど、今年も東京六大学は戦国模様となりそうだ。

桐蔭横浜大では新2年生になる内山昂思選手が3打数2安打1打点の気を吐いた。しかし先発した新4年生の山地大成投手が5回8安打4失点と結果は良くなかった。好投手を輩出する桐蔭横浜大、エースとなる投手を育てたい。

立教大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
桐蔭横浜大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

昨年から三遊間など主力が抜け、新戦力の台頭を待つ溝口智成監督。この日はプロ注目の桐蔭横浜大・山地大成投手(新4年)から三回までに4点を先行しながら、守備のミスなどで六回に一挙5失点で逆転され、七回に三井健右外野手(新2年)の逆転2点三塁打での勝利にも首を振った。


PAGE TOP