大学ドラフト候補捕手の上武大・吉田高彰選手に日本ハム、千葉ロッテが視察

上武大, 吉田高彰

上武大はこの日、セガサミーとオープン戦を行い、プロ注目の吉田高彰捕手のプレーに、北海道日本ハム、千葉ロッテのスカウトが注目した。

4失点を反省

上武大はこの日、3-4でセガサミーに敗れた。大学屈指の捕手として注目される吉田高彰選手は、4失点について反省をし、「開幕までにプラスアルファを積み上げて8連覇を目指したい」と目標を掲げた。

吉田選手は智弁学園出身、180cmの大型捕手でセカンドまで1.8秒の強肩が注目される選手。リーグ戦では高い打率も残し、2016年、2017年に侍ジャパン大学代表に選出され、日米大学野球に出場している。

この日は、北海道日本ハム、千葉ロッテの2球団が視察し、注目度の高さを示した。強肩捕手として特に今年の春に大きなアピールができれば、ドラフト3位前後で指名があるかもしれない。期待をしている。

2018年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
上武大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

今秋ドラフト候補の捕手・吉田は日本ハム、ロッテのスカウトが視察する中、バッテリーとして4失点したことを反省し「開幕までにプラスアルファを積み上げて8連覇を目指したい」と気を引き締めた。


PAGE TOP