オリックスがスカウト会議、関西大・山本隆広投手をドラフト上位候補に

関西大, オリックス, 山本隆広

オリックスがスカウト会議を開き、関西大・山本隆広投手がドラフト上位に入っていることが分かった。

150キロ右腕

スカウト会議を終えたオリックスは、長村球団本部長が関西大の山本隆広投手について、「当然リストに入っています。これから始まるリーグ戦も見に行きます」と話し、「去年の秋からどう成長しているか」と期待を込めたコメントをしている。

山本投手は関西大の右腕、172cmと小柄だが最速150キロのストレートはキレもあり、鋭いフォークボールも投げる。昨年秋には近畿大戦で完全試合を達成した。

山本投手には、元阪神の投手コーチを務めた山口高志氏が、関西大でアドバイザリースタッフとして指導をしており、その関係で阪神も注目をしている。即戦力の先発右腕として今年のドラフト会議では2位までに指名されるドラフト上位候補として注目される。

昨年の立命館大・東克樹投手に続いて圧倒的なピッチングを見せてドラフト1位でのプロ入りとなるか注目したい。

オリックスバファローズ、過去のドラフト指名
2018年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
2018年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト

オリックスが今秋ドラフト上位候補として関大の山本隆広投手(21)をリストアップしていることが5日、分かった。この日、大阪市内の球団事務所でスカウト会議を行い、長村裕之球団本部長は「候補には入っています。当然リーグ戦は見に行きます」と話した。


PAGE TOP