上武大・寺沢星耶投手は1回無失点、プロ注目左腕投手

上武大, 寺沢星耶, 吉田高彰, 森本雄河

明治大vs上武大のオープン戦では、プロ注目の左腕・寺沢星耶投手が1イニングを投げ、1安打1奪三振で無失点に抑えた。

1回無失点

この日の上武大は、佐久長聖出身の2年生・森本雄河投手がオープン戦初先発のマウンドに上がったものの、緊張から初回に5失点をしてしまう。しかしそこから粘りを見せると、6回からは佐久長聖の先輩で今年のドラフト候補左腕の寺沢星耶投手が登板した。

寺沢投手は4番の逢澤崚介選手に一塁強襲ヒットを許したものの、その後は三振に仕留めて1回を1安打1奪三振無失点で締めた。「テンポを速めて、流れを持って来ようと思って投げた。」と話し、味方に流れを引き込むと、上武大は8回に同点に追いつき、試合は5-5で引き分けた。寺沢投手は「以前までは、カウントを取りたい時にコントロールが定まらなかったが、今日はだいぶ楽に投げられた」と話し、手ごたえを感じていた。

寺沢投手は高校時代もキレの良いストレートを投げる左腕投手として注目された。上武大でも2年時にはエース格として登板し、大学野球選手権では東北福祉大戦で好投を見せている。昨年は目立った活躍は見せられていないが、左腕ではかなり評価の高い投手で、球速のアップや制球の向上に期待されている。

この日は横浜DeNA、広島の2球団のスカウトが視察に訪れた。プロ注目の吉田高彰捕手と共にバッテリーとしてプロのスカウトの視線を集める事になりそうだ。

上武大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2018年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
2018年度-大学生捕手のドラフト候補リスト

オープン戦初先発の森本雄河投手(1年=佐久長聖)が緊張もあり、初回に5点を奪われる苦しい展開。4回までに2点を返したが点差を縮められない中、、6回からエースがマウンドに上がった。「(高校の)後輩が先発していたので…何とか流れを変えたかった」。明大の4番逢沢に一塁強襲安打を許したが、後続を空振り三振に仕留めて無失点で踏ん張ると、味方が8回に3点を返して同点に。「テンポを速めて、流れを持って来ようと思って投げた。以前までは、カウントを取りたい時にコントロールが定まらなかったが、今日はだいぶ楽に投げられた」と手応えを口にした。試合は5-5の引き分けだった。

上武大が7日、明大(東京六大学)とオープン戦を行い、5-5で引き分けた。5点を先行される展開で六回に登板したプロ注目の最速144キロ左腕・寺沢は1回1安打1三振で無失点。「中1日で、三振を取るより打たせていこうと思った。変化球でストライクが取れた」と笑顔。関甲新リーグで32度目の優勝を狙う谷口監督は「冷静に投げた。順調」とうなずいた。


PAGE TOP