名城大・栗林良吏投手に8球団スカウト視察、最速146キロ

名城大, 栗林良吏

名城大の153キロ右腕・栗林良吏投手も今季初登板をし、9回1失点で完投勝利を挙げた。この試合には8球団のスカウトが視察に訪れた。

9回1失点

リーグ戦の開幕試合となったこの日の東海学園大戦に、153キロ右腕の栗林良吏投手が登板すると、球速は146キロ止まりだったものの、新たに習得したカットボールで内野ゴロを打たせ、9回を投げてソロホームランの1失点のみに抑えた。

「球は走っていなかったが、先頭打者を出さない投球ができてよかった」と話し、ストレートについてはもう少しという印象も「球数は抑えられたし、ピンチでギアをあげたのは最終回ぐらい」と、シーズンを通して勝つ投球を意識したことを話した。

この日は8球団のスカウトが視察をし、大学屈指の右腕として注目されている。

2018年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

栗林9回1失点、8球団注目 中日スポーツ紙面 2018/4/8

 


PAGE TOP