立命館大・辰己涼介選手がホームラン、2試合で4安打

立命館大, 坂本裕哉, 辰己涼介

立命館大は今年のドラフト上位候補の辰己涼介選手が決勝の2ランホームランを放った。2試合で4安打を記録し、リーグ通算安打を87としている。

1-1から決勝弾

昨日も接戦となった京都大戦、この日も接戦となった。1点を先制した5回、なおも1アウト満塁の場面で辰己涼介選手の打席が回ったが、サードゴロの併殺に倒れ、「頭に血が上った」と熱くなっていた。しかし、7回、1-1の同点で迎えた場面で、レフト方向への強い風と配球を読み、逆方向へ流し打つと、レフトスタンドに入った。「狙っていました」と笑った。

辰己選手は1回戦で2安打、2回戦でも2安打でリーグ通算を87安打とした。「1試合2安打がノルマ。シーズン3本塁打が目標です」と話し、安打数のリーグ新記録の更新を視野に、長打力も見せていくとした。

プロ入りへの意志を示している辰己選手、大きな勲章を手にプロ入りすることになるか、注目したい。

また立命館大は、先発した3年生左腕の坂本裕哉投手が15三振を奪い、9回4安打1失点に抑えて完投勝利を収めた。三振を奪える左腕投手で、こちらも楽しみ。

2018年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

リーグを代表する好打者の辰己が七回に決勝の1号2ラン。左翼方向へ吹く強い風と相手投手の配球を読んで流し打ちし「狙ってました」とニンマリだ。

 1点を先制して迎えた五回1死満塁の場面では三ゴロ併殺打に倒れ「頭に血が上っていた」。開幕カード2試合で4安打し、リーグ通算87安打。冬場の肉体改造で飛距離もアップし「1試合2安打がノルマ。シーズン3本塁打が目標です」と話した。


PAGE TOP