京都産業大・川辺凛投手に5球団視察、阪神スカウトが評価

京都産業大, 川辺凛

関西六大学リーグでは、京都産業大の193cm右腕・川辺凛投手が今季初先発し、5回を4安打1失点と粘りの投球を見せた。

193cm右腕

川辺凛投手は193cmの長身右腕で、最速は144キロ、大型投手としてスケールの大きさと成長度などに注目をされている。

この日は大阪学院大との対戦で今季初先発をすると、5回を投げて4安打1失点、5つの三振を奪った。四死球も3つで102球を費やしたが、粘りの投球だった。

この日は巨人、東北楽天、阪神など5球団のスカウトが視察し、阪神の熊野スカウトは「体もあるし、将来性も感じる。継続して見ていきたい」と評価した。

川辺投手はこの春に就職活動も進めているという。「野球と両方やっていけば、道は切り開けると思う」と話す。193cmの身体があれば、野球でもいい道に進んでいけそうにも感じるし、野球ファンとしては可能性がある投手で野球の道で成功してほしいと思うのだが、自分の考えで、良い道を選択をしてほしい。

2018年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
2018年度-関西六大学リーグのドラフト候補リスト

5回1失点、5球団注目 スポーツニッポン紙面 2018/4/17

 


PAGE TOP