国学院大・清水昇投手、中央大・伊藤優輔投手も力あり、東洋大怪物3人と対抗

中央大, 国学院大, 伊藤優輔, 清水昇

東都リーグでは国学院大の清水昇投手が今季初登板し、8回を投げて9安打2失点でリーグ通算9勝目を挙げた。中央大・伊藤優輔投手は失点を重ねたものの149キロの速球を見せた。

最速146キロ

清水昇投手は最速150キロの速球を投げ、大学では1年生から登板をしている。この日は今季初先発で、駒澤大を相手に8回を投げて9安打3四死球、128球を投げ9回ノーアウトで降板し3失点(自責点2)と、苦しいマウンドとなったが粘りのピッチングで勝利を手にした。リーグ通算9勝目。

球速は最速で146キロか、大体は140キロ前後だったが、低めに伸びる球で、マウンドでの姿も大きく見えて堂々と投げていた。またファーストへのカバーリングでも非常に意識の高い所を見せており、プロ入りへの意気込みが感じられる。

試合後のコメントでも、東洋大の甲斐野央投手、梅津晃大投手、上茶谷大河投手を意識してか「4年間やってきた選手は少ない。そこは自信をもっていきたい」と話している。

スライダーがもう少しキレが出てきたらというのもあるが、十分ドラフト候補として見ていられる投手だろう。

また亜細亜大vs中央大の試合では伊藤優輔投手が3回2/3で7安打3四死球で11失点と乱調だった。監督からも「エースとしてもっとしっかり投げてほしかった」と言われ、粘る投球は見られなかった。高校時も140キロ中盤の速球を投げながら、1試合に大量失点する試合があった。

球速は149キロを記録、ストレートは大体140キロから145キロ前後が出ており、球速は高校時よりも1段階上のレンジに入っている。それでも低めにたたきつけたり、大きく上に外れたりとカウントを悪くし、ストライクに入れる142キロ前後の球を打たれる。また頓宮裕真選手には146キロのストレートをファールされた後、149キロの速球をスタンドに運ばれた。

この課題を克服するポイントが、リリースのバラつきなのか、球質なのか、ストレートを速く見せるための変化球が足りないのか、そして伊藤投手にとってこれを克服するために、社会人で磨かれた方がいいのか、プロに入った方が良いのか。いろいろ考えされされる。

東都では、東洋大の3人が、圧倒的な力を見せ始め、東都リーグとしても大学生右腕としても比較される清水投手、伊藤投手は大変な所だが、直接対決では意地を見せてほしいし、これからもずっと注目したい。

2018年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
2018年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト


PAGE TOP