東洋大・甲斐野投手が158キロ計測、各球団スカウトから絶賛相次ぐ

東洋大, 甲斐野央

東洋大の甲斐野央投手が8回から登板すると、2回をノーヒットに抑えた。球速は球場で155キロ、スカウトのスピードガンでは158キロを記録した。

甲斐野投手、158キロ計測

8回から登板した甲斐野央投手、8回をノーヒットで抑えると、9回2アウトの場面で国学院大3番の西選手に対して投じた球が、球場表示で155キロ、MLB・フィリーズの大慈弥スカウトのスピードガンでは98マイル(157.7キロ)を記録した。スポーツ紙上では158キロを計測したと報道されている。

またスプリットもすごかった。こちらも球速は144キロを記録し、2回で2つの三振を奪った。2回ノーヒット2奪三振1四球、堂々の無失点の投球だった。150キロ連発で158キロを記録した事について甲斐野投手は、「全然分からなかった。球場も、どよめいてなかったし」と話し、「神宮のスピードガンでは155キロが最高。自分としてはそれが自己最速の意識。普段スピードは意識していませんが、今度はできれば神宮のスピードガンで出したい」とあっさりとしていた。

各球団、MLBスカウトが絶賛

この日視察したプロ野球やMLBのスカウトからは、スプリットに対して絶賛の嵐となった。

広島・苑田スカウト統括部長:「あのスプリットは、プロでも打てない。今すぐプロで抑えをできる」

千葉ロッテ・山森スカウト:「真っすぐもズドーンと来る感じ。力がある」

楽天・長島スカウト部長:「同じ振りで来る。非常に楽しみですね」

フィリーズの大慈彌スカウト:「佐々木2世になれる」

スプリットの球速ももちろん、ストレートと同じ腕の振りで投げられる点も非常に高く評価されている。また、158キロのストレートについても、重さを感じさせる球質が評価された。

大学生では個人的に最もすごい選手と評価している東海大・菅野智之投手に並びそうな感じだ。ドラフト1位でも競合クラスになってきている。

2018年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

盤石の継投だった。上茶谷がスピンの効いた直球に切れのあるスプリットなどを低めに集めて7回2安打無失点で今季3勝目。「1回戦は力みから棒球になった。今日は熱くなりつつも抑えて投げられた」と胸を張った。八回からは甲斐野が登板。米大リーグ、フィリーズの大慈彌スカウト(環太平洋担当部長)のスピードガンで98マイル(約158キロ)を計測した直球などで反撃を許さなかった。

甲斐野が“東都リーグ最速”を更新した。1-0の9回2死。3番西丸への4球目が、メジャースカウトのスピードガンで「98マイル」(157・7キロ)を計測した。ファウルとなった1球は神宮球場のスピードガンでも155キロを記録。甲斐野は「全然分からなかった。球場も、どよめいてなかったし」と笑った。


PAGE TOP