早大2年・吉沢一翔選手が1試合2発、慶大も2年生の嶋田翔選手がアーチ

早稲田大, 慶応大, 吉沢一翔, 嶋田翔

東京六大学では早慶の2年生、吉沢一翔選手と嶋田翔選手がホームランを放ち、チームの勝利に貢献した。プロ野球でも輝きを見せる2年目世代の選手が、東京六大学でも輝きを放つ。

やっぱり出てきた

早大の吉沢一翔選手は大阪桐蔭高校出身で、甲子園では動きが良く強い肩と共に、アベレージも残し強い打球を打つ選手で、2016年のセンバツ大会などで注目を集めた。昨年は1年生で春のリーグ戦出場も5打数1安打、秋は1打席の出場にとどまっていたが、172cmと上背は無いものの、いずれ出てくる選手とみられていた。

今季は初戦となる立教大戦2戦に3番ファーストで出場すると、この日の明治大との初戦でも5番で出場し、この日は2回に先頭打者で明治大の来年のドラフト候補・森下暢仁投手からレフトスタンドにホームランを放つと、8回には1-2の場面で逆転となる2ランホームランを放った。「真っすぐで1打席目は会心、八回はちょっと詰まったと思った。持ち味はフルスイング」と話した。

2年生スラッガー

またこの日は慶応大も5番ファーストで出場した2年生の嶋田翔選手がホームランを放った。182cm86kgの大型選手で、昨年までリーグ通算21本塁打を放った岩見雅紀選手の背番号13を受け継いだ選手で、この日は2点リードの7回1アウトからホームランを放った。

東京六大学では立教大の2年生・三井健右選手が今季、3試合連続ホームランを放つなど活躍をしており、同学年の吉沢選手、嶋田選手も刺激を受けている。特に大阪桐蔭で三井選手と一緒にプレーしていた吉沢選手は、「高校では打つイメージがなかった。かなり刺激になっている」と三井選手を見ていた。

3年生で4番を打つ慶応大・郡司裕也選手も5打数2安打2打点で勝利に貢献し、早稲田大の加藤雅樹選手も4打数2安打だが、それが目立たない2年生の働きとなった。プロでも藤平尚真投手や京山投手、アドゥワ投手、細川誠也選手など、2年目の選手が活躍を見せている。プロで対戦するのが今から楽しみ。

やや打高投低ぎみとなっている東京六大学、各地から集まったスラッガーたちがアーチを競演する場となり、大学野球の華を咲かせる。

2020年度-大学生のドラフト候補リスト

大阪桐蔭高の同学年で立大の三井が既に3試合連続本塁打を記録。吉沢は「(三井は)高校では打つイメージがなかった。かなり刺激になっている」と笑顔を見せた。

今季から一塁のレギュラーになった。背番号を決める際「13番をください」とマネジャーに申告した。昨年、年間最多本塁打の記録をつくった岩見(現楽天)が背負った重い番号だ。「昨年は岩見さんと一緒に練習する機会が多くて、先輩みたいに1球で仕留められる選手になりたかったので」とその理由を明かした。


PAGE TOP