日体大・松本航投手が帝京大に6回2失点で敗戦、東海大が今日にも優勝へ

松本航, 日本体育大

首都大学リーグでは、日体大のドラフト1位候補・松本航投手が帝京大戦に先発したものの、6回7安打2失点で0-3で敗れ、今季3敗目を喫した。

調子上がらず

今年のドラフト1位候補としてオープン戦などから注目を集めてきた日体大の松本航投手だが、リーグ戦に入ってから調子が上がらず、3敗目を喫した。この日の帝京大戦でも1戦目も先発を任されたが、6回を投げて7安打を許し、4回にはタイムリー3ベースヒットと、自らのエラーで2点を失った。

試合も帝京大の中川航投手に完封され、0-3で敗れた。松本投手は「自信をもって投げられなかった。後半は原点に戻ってフォームを意識して投げられたので、収穫はあった」と話した。

この日、東海大は筑波大に延長13回のタイブレークの末に勝利し、優勝に王手をかけた。昨秋チャンピオンとなり、松本投手、東妻勇輔投手の150キロ2枚看板を立てた日体大が、いよいよ追い詰められた。

松本投手も東妻投手も昨年までの実績や評価があり、ドラフト1位候補という評価は変わらないが、大学選手権に出られないことで、この春のアピールは終わりとなる。東洋大の甲斐野央投手などが抜群のアピールをしており、この春にやや差をつけられた形となった。

まだ今シーズンは終わっていないが、最後までしっかりとした投球をし、そして秋に大きく評価をあげるようなピッチングを見せたい。

2018年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
日本体育大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP