オリックスがスカウト会議、1位指名選手は当日決める!

藤岡貴裕, 東洋大, 伊藤和雄, 東京情報大, 太成学院大高・今村信貴

オリックスはスカウト会議を開き、大学・社会人のドラフト候補を40人に絞り込んだ。これまでに絞り込んでいる高校生候補30人も合わせ、指名選手は「当日のテーブルで決める」としている。

2008年の甲斐拓哉(東海大三)、2009年の古川秀一(日本文理大)と単独指名を成功させたが、昨年は大石達也(早大→埼玉西武)を指名、抽選を外すと、伊志嶺翔大(東海大)、山田哲人(履正社)と3度の指名重複と抽選失敗を繰り返し、最終的に後藤俊太(前橋商)を繰り上げて獲得した。岡田監督も「スカウトの戦略ミス」と怒り心頭だった。東洋大・藤岡貴裕投手の指名が有力と考えられるが、その経験も踏まえ慎重になっているのは間違いなく、オリックスがマークを続けている太成学院大高・今村信貴投手や東京国際大・伊藤和雄投手などの単独指名もあるかもしれない。いずれにしてもスカウトは昨年のリベンジに燃えているはずだ。

  •  - 

  • PAGE TOP