八戸学院大・高橋優貴投手が8回8奪三振2失点、10球団視察し横浜DeNA、ヤクルトが評価

八戸学院大, 高橋優貴

八戸学院大で最速152キロの速球を投げる左腕の高橋優貴投手に、10球団のスカウトが視察に訪れた。144キロどまりも横浜DeNA、東京ヤクルトのスカウトが評価をしている。

10球団視察

この日の青森中央学院大との試合で先発した高橋優貴投手は、これまでに最速152キロを記録する左腕として注目されていた。しかし春は思うような投球ができず、プロのスカウトの評価コメントなどもあまり出ていなかった。

ドラフト会議が近づいた秋、この日は10球団24人のスカウトが視察に訪れた。高橋投手は8回で9安打を許すも8つの三振を奪い2失点にまとめる投球を見せた。最速は144キロしか出なかった。しかし、やや暴れるストレートが打者のインコースに食い込むと、決め球の外角のスライダーで空振り三振を奪った。「今までは内角にしっかり投げきれなかった。いいボールは春以上にあった」と球速で勝負をしていた春までよりも手ごたえを感じたことを話した。

この投球に、横浜DeNAの河原スカウトは、「今日は抑えている。短いイニングなら、もっと爆発的に強い球を投げられる」と話し、セーブ気味で投げており、まだまだ力がある投手と評価すると、東京ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「自分の力を出し切れていなかったが、キレもあるし、内角もしっかり突いていた。当然のドラフト候補」と話し、こちらもまだ本来の力を見せていないとしながらも、ドラフト候補と評価した。

今年のドラフト会議は、高校生、大学生、社会人を含めてもドラフト上位で指名されそうなサウスポーがいない。そのため、左腕投手を補強したいチームにとっては、高橋投手に関心が集まる。なかなか足を運びにくい場所で行われているリーグという事もあり、東京などのリーグが開幕していないタイミングでスカウトが集結したが、今後、スカウトが週末に何度も足を運ぶ球団もあるかもしれない。

今年のドラフトの左腕の星として、高橋投手がさらに好投を見せるのを期待したい。

2018年度投手-左投のドラフト候補リスト・今年のドラフト全体の左腕投手

勝つために「剛腕」を捨てた。今までは最速152キロの直球で押しまくる投球が軸だったが、今春からは制球を重視する。この日、DeNA河原隆一スカウトのスピードガンでは最速144キロを計測。かつての剛速球をセーブし、今夏から内角を突きまくる新境地を、プロ10球団24人のスカウトの前で披露した。高橋は「今までは内角にしっかり投げきれなかった。いいボールは春以上にあった」と胸を張った。河原スカウトも「今日は抑えている。短いイニングなら、もっと爆発的に強い球を投げられる」と高橋の高い潜在能力を評価した。

ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「自分の力を出し切れていなかったが、キレもあるし、内角もしっかり突いていた。当然のドラフト候補」と及第点を与えた。


PAGE TOP