侍ジャパンU18代表、クリンナップは大阪桐蔭勢3人で

小園海斗, 藤原恭大, 中川卓也, 根尾昂, 野尻幸輝

侍ジャパンU18代表、シート打撃では大阪桐蔭のクリンナップが、そのまま侍ジャパンの3番、4番、5番に座った。

「今の私の頭の中では、この打順」

侍ジャパンU18代表はこの日、フリー打撃や投球練習の後、実戦形式のシート打撃を行った。気になる打順は、大阪桐蔭で3番を打った中川卓也選手が3番、4番を打った藤原恭大選手が4番、そして5番を打った根尾昂選手がそのまま5番に入った。永田監督は「きょうの打順が基本線。私の頭の中では3、4、5番をこう組みたいなと思ってます」と話し、大阪桐蔭優勝クリンナップでアジアも制する決意を示した。

藤原選手は「全く一緒なのでやりやすさはあります」と話すと、根尾選手も「桐蔭の3、4、5で行けたらいいかなと思います」と話した。また中川選手はシート打撃で8回に、ライトさく越えのホームランを放った。木製バットでのホームランに、「しっかりとボールをたたこうと思った結果。木のバットの方が打ちやすいんです」と話した。大阪桐蔭は大会前以外は昨年冬から木製バットで練習をしており、その成果が早くも出た。

その他では、昨年もU18代表を経験している報徳学園の小園海斗選手が、1番を打った。守備は根尾選手との兼ね合いでショートかセカンドで出場する事になりそうだが、「経験をみんなに伝えたい」と昨年経験した世界のチームとの戦いをチームメイトに伝えていくと話した。

木更津総合で投手として選抜された野尻幸輝選手は、この日は投球練習をせずに守備練習ではファーストに入り、フリー打撃とシート打撃を行った。フリー打撃では2本のさく越え、シート打撃では3ベースヒットを打った。「打撃でもチームに貢献したい。ファーストで出る機会があればしっかり打撃でアピールしていきたい」と話し、DHやファーストでの起用が予想される。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2018)

中川は8回2死からの4打席目に右越えソロ。「しっかりとボールをたたこうと思った結果。木のバットの方が打ちやすいんです」。チームでは、昨冬から大会直前以外は木製バットで練習を積んでいることもあり、気持ちよく快音を響かせた。

藤原は2安打をマークし「(高校と)全く一緒なんでやりやすさがある」と自信を見せると、8回には中川も右越えソロを放った。「1番・遊撃」での起用が濃厚な小園は昨秋のU18ワールドカップも経験。「経験をみんなに伝えたい」と献身的だ。

木更津総合の野尻は投手として登録されているが、ブルペンには入らず一塁手として練習。この日のフリー打撃では2本の柵越え、シート打撃では左中間に三塁打を放ち、「打撃でもチームに貢献したい。ファーストで出る機会があればしっかり打撃でアピールしていきたい」と意欲を燃やした。


PAGE TOP