国学院大・清水昇投手が12K完投、梅津投手に投げ勝ちDeNA、オリックス、楽天「ドラフト1位」

東洋大, 国学院大, 梅津晃大, 清水昇

国学院大の清水昇投手が、東洋大戦で6安打2失点、12奪三振で完投し、東洋大の梅津晃大投手に投げ勝った。視察した横浜DeNA、オリックス、東北楽天のスカウト部長クラスからは「1位候補に入る」と評価した。

梅津君に負けたくなかった

国学院大・清水昇投手は150キロの速球を投げ、侍ジャパン大学代表にも選出された。ドラフト候補としても注目され、リーグ戦では東洋大の甲斐野央投手、上茶谷大河投手、梅津晃大投手の3人と比較され続け、3投手に次ぐ評価を受けていた。

前節の亜細亜大戦では7回途中を投げて5失点していたが、この日は最速148キロのストレートに、帝京高の先輩である山崎康投手から教わったというツーシーム、カーブを織り交ぜ、東洋大打線から12三振を奪った。9回を投げて6安打2失点の好投を見せた。

清水投手は試合後、「梅津君はメディアにあれだけ取り上げられている。負けたくないと思った」と話した。今節は東洋大との最後の対決、相手は注目されているドラフト1位候補が登板してきた。実績ではリーグ戦で11勝を挙げている清水投手だが、リーグ戦未勝利の梅津投手の方が、メディアで名前が取り上げられていた。この日は直接対決でしっかりと投げ勝ち、その存在感を見せた。

抜群のアピールだった。この日の東都リーグ1部は、これまでの天候の影響などがあり3試合が行われ、プロのスカウトも大勢が訪れた。その中でスカウト部長クラスも訪れており、横浜DeNAの吉田スカウト部長は「前回と腕の振り、体のキレが全然違った。これくらいは投げられる投手。梅津君同様にドラフト1位候補と言える」と評価した。

また、オリックスの古屋編成部副部長は「1位候補に入ってくるのでは」と話した。東北楽天の長島スカウト部長も「先発もリリーフもできて、スタミナもある。12人に入ってくる可能性は十分にある」と話した。千葉ロッテの山森スカウトも「真っすぐとツーシームの腕の振りと軌道が途中まで同じで、効果的だった」と評価した。

梅津投手リーグ戦初勝利ならず

一方、東洋大で先発した梅津晃大投手は初回の先頭打者からヒットを連打を許し、パスボールとワイルドピッチで2失点をすると、6回は2アウトから連打で失点するなど、5回2/3を投げて7安打4失点でマウンドを降りた。試合後に「また切り替えて頑張ります」と話した。

杉本監督は今後の起用について「初回がすべて、何とかしたい気持ちが強すぎるのか。次、まだファイトする気持ちがあるかどうか。なければ先発はない」と話し、次の登板は梅津投手と話し合って決めるという。

春に6勝を挙げている上茶谷投手は、実績はまだ少ないながらも各球団の評価も具体的に出ており、また甲斐野投手も159キロを投げるリリーフとしてスカウトから高い評価が出ている。梅津投手は春は1試合しか登板できなかったものの、その能力の高さを評価する形で声が出ていたが、この秋が本当にドラフト1位で指名できる投手かどうかがチェックポイントとなっている。

その中でこの日の清水投手との投げ合いで、実績の差が出た形となった。清水投手は上茶谷投手と同じくらいの先発の実戦派投手、来年のローテーションで計算できる投手として1位の12人の入ってくるだろう。プロ入りしてからのどのように育て、起用していくかという面でまだ不明確な梅津投手は、将来性、素質が十分で1位12人に残るとは思うが、清水投手を優先する球団もあるだろう。

2018年ドラフト指名予想
2018年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

151キロ右腕の国学院大・清水がドラフト前に好アピールだ。9日の亜大戦では8回途中5失点で降板して敗れ、雪辱のマウンド。最速147キロの直球を軸にツーシームやカーブを織り交ぜ、自己最多タイとなる12奪三振の力投で「(球種を)絞らせない投球ができた」と胸を張った。視察したオリックスの古屋英夫編成部副部長は「1位候補に入ってくるのでは」と高く評価した。

淡々と投げ切ったが、心の中には熱いものがあった。相手の東洋大先発はドラフト1位候補の梅津。負けたくなかった。9日の亜大戦で同じくプロ注目の頓宮(とんぐう)に中越え本塁打を浴びた反省も満ちていた。
スカウトの評価も高まる。ロッテ・山森スカウトは「真っすぐとツーシームの腕の振りと軌道が途中まで同じで、効果的だった」と分析した。

国学院大・清水がドラ1候補浮上 スポーツ報知紙面 2018/10/17

 

ドラ1候補対決、国学大・清水に軍配 日刊スポーツ紙面 2018/10/17

 

強気の投球が奏功した。「真っすぐをインコースに投げ切れた」と直球は最終回まで140キロ台中盤をマークし、得意のツーシームもさえわたった。前週の亜大戦で敗戦投手になると、鳥山泰孝監督に「4年間の集大成を見せられるようにマウンドへ上がるので、信じてください」とラインで連絡。“有言実行”の快投を披露した。

 初回の2失点は暴投と捕逸によるもので、立ち上がりからリズムを作れなかった。最速153キロ右腕は「また切り替えて頑張ります」と言葉少なだった。


PAGE TOP