阪神タイガースのドラフトの狙い(2018)

2018年度の12球団のドラフトの動きを予想してみます。今日は阪神編。

阪神

〇タイプ:即戦力型
〇監督:外野手出身、野手重視
〇決定者:金本知憲監督
〇補強ポイント:主軸打者、長距離打者、内野手、先発投手
〇近況:地元関西の高校生、大阪桐蔭の根尾昂選手、藤原恭大選手、報徳学園の小園海斗選手、天理・太田椋選手などに注目する

阪神はFAで選手を獲得できるチームの一つで、外から人材を集められるチームで、金本監督も広島から移籍しているが、昨年も福留選手、糸井選手と他の球団から獲得した選手が主軸として活躍をした。しかし金本監督は「投手は外国人やFAで獲得できるが野手の補強は難しい」と話し、まずは野手を自前で育てる方針を持ち、2015年、2016年とドラフト1位で外野手の高山俊選手、内野手の大山悠輔選手をそれぞれ1位指名、また2017年も清宮幸太郎選手、安田尚憲選手を続けて指名した。金本監督になって3年連続で野手をドラフト1位の最初に指名している。

金本監督とフロント、オーナーの関係もよく、昨年まで球団社長を務めた四藤氏とオーナーの阪神電鉄側との折り合いもしっかりつけられていた。今年は球団社長が揚塩氏に代わるが、もともと阪神球団の方で取締役を務めたりと、球団に近い所で仕事をしており、これまでと変わらず意志疎通はスムーズに行えるだろう。

チームを見ると昨年はリーグ2位という成績を残した。しかし、まだ金本監督がイメージしているような、生え抜きの若手選手が台頭して活躍しているという状態ではなく、外国人選手の活躍が弱くて苦しかったものの福留選手、糸井選手、ベテランの鳥谷選手などが打線を引っ張った。また投手についてもメッセンジャー投手が軸となったが、期待の藤浪投手や岩貞投手が結果を残せず、能見選手にも陰りが見え、先発投手陣はやりくりが非常に厳しかったといえる。

その一方で、野手では中谷選手が台頭し昨年は20本塁打を記録、また大山選手も終盤に主にファーストで出場し活躍を見せた。捕手も坂本選手、梅野選手の若い二人が競うようにマスクを被った。投手でも秋山投手が12勝を挙げるなど成長を見せ、小野投手も登板機会を増やし、少しずつ若手の選手への入れ替わりも見せ始めている。

それでも補強ポイントはまだはっきりと見える。以前から課題のポスト鳥谷の遊撃手については、北條選手や糸原選手などがポジションを奪えず、レギュラーを守った大和選手がFAで移籍する事になり、今年のシーズンの大きな課題といえる。大山選手を大学時代に守ったショートとして競わせるほか、若手の植田選手、ドラフト3位ルーキーの熊谷選手も加わり、そして上本選手が守ったセカンドも含めた競争が激化する。また外野手も、高山選手、江越選手などがポジションを取れず、1番センターの俊介選手もまだポジションを確定できたとは言えない状態。俊足の島田選手を獲得し競争の状態が続く。

これで今年もポジションが確定しなければ、さらに今年のドラフトでも、補強を続けていくのではないかと思う。

また先発投手もまだ数が足りない中で、外国人投手、そしてドラフト1位の馬場投手などに期待がかかる。大和選手のFA移籍で横浜DeNAから獲得した尾仲投手を先発で起用する構想を示したり、昨年、実戦経験を積んだ青柳晃洋投手、小野泰己投手、そして望月惇志投手などの台頭が必要となる。ただしファームでは藤浪投手の6勝が最も勝ち星が多く、若手投手の数がかなり少ない。今年のドラフト会議では少なくとも2名以上は若手投手の獲得をしたいし、即戦力でも1人は獲得したいところ。

ドラフト候補は

内野手の候補としては報徳学園の小園海斗選手、天理・太田椋選手、大阪桐蔭の根尾昂選手を獲得し、いけるならば高卒1年目から使っていく可能性もありそうだ。また、1番センターについても、藤原恭大選手を獲得し1年目から使うという可能性もある。もしショートや1番バッターで今シーズン結果を出した選手がいたとしても、次世代のショート、1番バッターとしてこれらの選手を1位指名してくる可能性もある。

優先度的には投手の補強の方が高いとみられる。金本監督は投手は外国人や他球団から獲得できるとしているが、やはり自前のエースを育てたい。そうなるとやはり法政大・菅野秀哉投手、東洋大・甲斐野央投手、日体大・松本航投手、関西大・山本隆広投手、Hondaの齋藤友貴哉投手、パナソニックの吉川峻平投手や左腕では富士大の鈴木翔天投手、八戸学院大・高橋優貴投手や、Honda鈴鹿の平尾奎太投手、日本生命・高橋拓巳投手などの獲得をしたい。

ただし、呂彦青投手や馬場投手、小野投手、そして藤浪投手などが結果を出せば、高校生投手の獲得に向かいそうだ。右腕ならば大阪桐蔭の柿木蓮投手や倉敷商の引地秀一郎投手、左腕でも大阪桐蔭の横川凱投手や近大付の大石晨慈投手など楽しみな投手が地元にいる。他にも明桜の山口航輝投手や埼玉栄の米倉貫太投手などを獲得し、望月投手、才木投手に続いていく次の投手を育てたい。

阪神タイガースのドラフト会議


PAGE TOP