立正大・伊藤裕季也選手が勝利打、楽天、ヤクルト「大学生トップクラス」

立正大, 伊藤裕季也

立正大の伊藤裕季也選手が、この日の中央大戦で決勝の2点タイムリー2ベースヒットを放った。東北楽天、東京ヤクルトのスカウトが評価をしている。

セカンド守るスラッガー

立正大の伊藤裕季也選手は181cm90kgの内野手で、大学では4番を打ちリーグ戦では昨秋と今春に2本ずつホームランを放ち、また侍ジャパン大学代表でも5番など主軸を打つスラッガーだが、守備は大学ではセカンド、代表ではサードを守るなど強打の内野手として注目されている。

この日の中央大戦でも4番セカンドで出場すると、0-0が続いた試合で7回、2アウト1,3塁で打席に入ると、レフトオーバーの2点タイムリー2ベースヒットを打った。試合はこのまま2-0で勝利し、さすがの4番の決勝打となった。伊藤選手は「詰まったけど越えてくれた。何が何でもという気持ちで打席に入った」と話した。

10球団調査書

この強打の内野手、伊藤選手には既に10球団から調査書が届いているという。この日も視察に訪れた東京ヤクルトの中西スカウトは「打力は大学生でもトップクラス」と評価すると、東北楽天の沖原スカウトも「最近注目されている。勝負強い打者」と話し、評価が上がっていることを示唆した。

大学生スラッガーでは、亜細亜大の頓宮裕真選手や法政大の中山翔太選手などが注目され、伊藤選手も実績、パワーが十分の右のスラッガーとしてドラフトでは4位前後で指名がありそうだ。

2018年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
2018年大学生プロ志望届提出選手一覧

0―0の7回2死一、二塁。伊藤裕が直球を強振し、左翼を越える2点二塁打を放った。「詰まったけど越えてくれた。何が何でもというところで、うれしい」。今秋のドラフト候補に挙がる主砲は、大学日本代表の経験などで評価も上昇。楽天・沖原佳典スカウトは、「最近注目されている。勝負強い良い打者」と評価した。

プロ注目の右打者、立正大・伊藤裕が七回二死一、二塁から左中間への2点二塁打で試合を決めた。「詰まってでも返そうと思っていた。真っすぐを打てた」。開幕直前に自打球を右膝に当て、今でも痛み止めを飲みながら主将、4番として奮闘。坂田監督は「2年生の渡部が粘って投げているときに、いい仕事をしてくれた」とたたえた。


PAGE TOP