中央大が東都1部残留、進路分かれる4年生コンビが活躍

中央大, 伊藤優輔, 堀内寛人, 吉田叡生

1部最下位となり入れ替え戦で専修大と戦った中央大は、2連勝で1部残留を決めた。進路が分かれた4年生が活躍を見せた。

4年生主軸コンビ

この日の中央大vs専修大の入れ替え戦2回戦は初回、5番の堀内寛人選手がライト戦への2点タイムリー2ベースヒットを打つと、7回にもタイムリーヒットを放ち4打数2安打3打点の活躍を見せた。また4番の吉田叡生選手も5回にタイムリーヒットを打ち、2打数1安打1打点、試合も6-1で勝利し、中央大が1部残留を決めた。

吉田選手はプロ志望届を提出し指名を待ったものの、ドラフト会議では名前が呼ばれなかった。それでも「個人的には悔しかったが、スイッチを切り替えて取り組めた」と話し、この入れ替え戦では活躍を見せた。吉田選手は社会人野球に進むことが決まり、「社会人でしっかり戦力になれるように頑張りたい」と話した。

また堀内選手はこれが有終の美となる。県岐阜商出身のスラッガーで、昨年は打率.327を記録し指名打者のベストナインに選ばれ、冬の代表合宿でも紅白戦でホームランを放つなど目立つ活躍も見せていた。社会人チームからも声がかかっていたというが、そのオファーを断り、就職活動で野村證券に内定が決まった。

「寂しい気持ちもあるけど、ありがとうございましたって感じですね」と話し、小さいころから続けてきた野球から卒業する。

またエースで149キロの速球を投げる伊藤優輔投手は、プロ志望届を出さず、来年からは三菱日立パワーシステムズで投げる。入れ替え戦の1戦目で先発して8回1/3を4安打9奪三振3失点、そしてこの日は9回1アウトの場面から登板して打者2人を抑えて締めた。社会人では制球の課題を乗り越え、2年後にドラフト会議で指名される投手になってほしい。

4年生として後輩の来年春の1部の舞台を残し、それぞれの道へと進んでいく。

中央大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

4番の吉田叡も5回に左前適時打。プロ志望届を提出もドラフトで指名漏れし「個人的には悔しかったが、スイッチを切り替えて取り組めた」と振り返った。高校、大学の先輩にあたる巨人・沢村が応援に駆けつけた中で1部残留を決め、社会人野球に進む。「社会人でしっかり戦力になれるように頑張りたい」と前を向いた。

中大・堀内が有終の美を飾った。OBの巨人・沢村が観戦する前で、2安打3打点の大暴れを見せた。昨秋に指名打者でベストナインを受賞した左打ちのスラッガーだが、社会人野球のオファーを蹴って就職活動に励み、野村証券入りが内定。本格的にプレーするのはこの試合が最後となったが「寂しい気持ちもあるけど、ありがとうございましたって感じですね」。晴れやかな表情でユニホームを脱いだ。


PAGE TOP