立正大が明治神宮制覇、伊藤裕季也、小郷裕哉が決めた!

立正大, 小郷裕哉, 伊藤裕季也

明治神宮大会は大学の部決勝が行われ、東都リーグの立正大が、中国・四国3連盟代表の環太平洋大に6-4で勝利し優勝した。小郷裕哉選手、伊藤裕季也選手のドラフト指名コンビで優勝を決めた。

劇的逆転

立正大は1-1で迎えた6回、環太平洋大先頭バッターのセカンドゴロを、横浜DeNAにドラフト2位で指名された伊藤裕季也選手が一塁へ悪送球、そこから3本のヒットと野戦などが絡み一気に3失点した。それでも7回に1点を返すと8回、先頭バッターが2ベースで出塁すると東北楽天にドラフト7位で指名された小郷裕哉選手がセンター前にタイムリーヒットで1点差とし、打席には伊藤選手が入った。

「小郷を警戒して直球が来る」と配球を考えた初球、予測通りの外角寄りのストレートを軽々とスイングすると、打球は打った瞬間にわかるレフトスタンドへのホームランとなった。伊藤選手はホームランを確信しベンチに向かって両手を上げると、その後も打球の行方をゆっくりと歩きながら追い、そして走り出した。小郷選手がランナーにいて、伊藤選手が2ランを打つ。立正大の必勝の攻撃パターンだった。

この回、立正大はもう1点を追加し6-4として、8回9回は投手陣が守り切って優勝をした。

勝負強さ

伊藤選手は勝負強い。この秋は負ければ優勝がなくなる中央大との試合で8回にダメ押しとなる2ランホームランを放つと、駒澤大との優勝決定戦でも2回に先制のホームランを放った。そして今大会も初戦の九州共立大戦で0-0の7回に2ランホームランを放った。ここぞという所で試合を決めるホームランを打った。

視察した横浜DeNAの武居スカウトは「勝負強さと長打力が魅力。うちには右打者が外国人2人と宮崎くらいしかいない。勝負強さはプロに入っても大事。1年目からレギュラー争いに加わってほしい」と話した。

全国制覇を成し遂げた立正大、主将の伊藤選手は涙が止まらなかった。昨年秋にようやく1部昇格をすると、春は東都リーグで最下位争いをした。この秋も1歩間違えば最下位に沈む厳しい戦いの中で最後の一歩抜けて優勝をし、この場所にたどり着いた。「先輩たちが1部に上げてくれた。落とせないプレッシャーがあった」と話し、「これ以上にないくらい苦しい4年間だった。プロでもこれ以上苦しいことはないと思い、これを糧に頑張りたい。」と話した。

苦しみの中で磨いた勝負強さ、主将として4番として大きなものを手にした。伊藤選手はプロでも主役となる可能性を大いに秘める選手だろう。

明治神宮大会6日目の対戦カードと注目選手
明治神宮大会(2018)大学の部の出場チームと注目選手
2018年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

昨秋1部に昇格し「先輩たちが1部に上げてくれた。(2部に)落とせないプレッシャーがあった」。主将としてチームをまとめることに苦悩する日々。それでも坂田精二郎監督から「おまえはいるだけでプレッシャーになる。4打数1安打でも勝負どころで打てばいい」と言われ、プレーで引っ張った。今秋のリーグ戦は開幕3連敗を喫したが、その逆境から東都を制した。この日は4打数1安打。その1安打が日本一を決める一発である。見守ったDeNAの武居邦生スカウトも「勝負強さはプロに入っても大事」と頼もしげだった。

9回の守備では、自然と目頭が熱くなった。「1年間、本当に苦しかった。いろいろと思い出したら涙が出てきました」。主将としてチームをうまくまとめられずに苦悩した日々―。優勝が決まると、解放感を味わいながらゆっくりと歓喜の輪に加わった。

ゲームセットと同時に感極まった。守備位置で少しうずくまった後、マウンド上のナインの元へ駆け寄った伊藤裕。「4年間をいろいろ思い出して、苦しいことばっかりで。それを乗り越えたからここまで来られた」と日本一をかみしめた。

この日は4打数2安打1打点、今大会3戦で8打数4安打3打点、打率5割と活躍した。2点を追う8回1死三塁では中前適時打でチームを勢いづかせ、伊藤裕の逆転弾を呼び込んだ。「(適時打は)外寄りの真っすぐ。(伊藤の2ランは)こういう大舞台で絶対何かする男なので、期待してました」と明かした小郷。日本一のチームで主軸を務めた誇りを胸に、プロの世界に挑む。


PAGE TOP