東洋大・上茶谷、亜細亜大・頓宮など東都勢が立正大を応援

頓宮裕真, 上茶谷大河

この日の明治神宮大会、スタンドには、横浜DeNAにドラフト1位指名された東洋大の上茶谷大河投手やオリックスにドラフト2位で指名された亜細亜大の頓宮裕真選手などが、東都代表の立正大に声援を送った。

東都勢応援

大学を越え、東都の選手が集まり、東都代表の立正大を応援した。スタンドに東洋大の上茶谷大河投手や亜細亜大の頓宮裕真選手などが集まり声援、上茶谷投手は「東都のみんなで応援しようと思って来ました」と話した。

8回には立正大・伊藤裕季也選手が逆転2ランホームランを打つと、来年から横浜DeNAで同僚となる上茶谷投手は「凄かった。一緒にやれるのが楽しみ」と話して拍手を送った。

戦国東都といわれる厳しいリーグ戦だが、今秋の東都リーグは特に厳しい戦いとなった。1部リーグでは最多の7勝をしたのが4チームあり、5位の国学院も5勝、最下位の中央大も4勝をしている。そして7勝したチームの中で7勝5敗だった立正大と駒澤大が勝ち点などでも並びプレーオフで立正大が勝利した。どこが優勝してもどこが最下位に沈んでもおかしくなかった。

また2部でも専修大と拓殖大が8勝4敗で並び、プレーオフの末に専修大が優勝した。入れ替え戦では中央大の壁を破れなかったものの、2部も青学大、国士舘大、日本大、東農大という強豪が争っている。

その厳しい戦いをしたおかげで、この明治神宮大会では勝負強さを発揮して立正大が全国制覇をした。そしてドラフト会議では育成ドラフトを含めて11人が指名され、そのうち、東洋大・上茶谷大河投手、甲斐野央投手、国学院大・清水昇投手がドラフト1位で、東洋大・梅津晃大投手、亜細亜大・頓宮裕真選手、立正大・伊藤裕季也選手がドラフト2位で指名された。大学のリーグの主役となった。

他にも千葉ロッテの5位で亜細亜大・中村稔弥投手、広島6位で亜細亜大の正随優弥選手、オリックス7位で東洋大・中川圭太選手、東北楽天7位で立正大・小郷裕哉選手が、福岡ソフトバンクの育成ドラフト3位で国士舘大の重田倫明投手が指名され、勝負強さを見せた。

東都の厳しい戦いは、選手に過酷な状況を作り出す事もあるが、それによって磨かれて結果を出す選手もいる。そして厳しい戦いをしたからこそ、戦いが終わると集まって、このように応援ができるのかもしれない。

また来年も戦国東都は続く。まだ特に目立った選手というのは少ないが、東洋大・佐藤都志也選手などが厳しい戦いの中で成長をしていくのだろう。

2018年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
2019年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト

DeNA1位の東洋大・上茶谷やオリックス2位の亜大・頓宮らが立正大の応援に訪れた。「東都のみんなで応援しようと思って来ました」と上茶谷。 
プロで同僚となる伊藤裕にスタンドから声援を送り、8回に飛び出した逆転2ランを見届けると「凄かった。一緒にやれるのが楽しみ」と拍手を送っていた。


PAGE TOP