明治神宮大会6日目の対戦カードと注目選手

大学野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

明治神宮大会はいよいよ最終日、この日は大学の部の決勝戦、立正大vs環太平洋大の試合が行われます。主なアマチュア野球の大会は今年はこれが最後となります。

大学の部 決勝戦

立正大学
宮里豊汰1年
173cm80kg 右右
 中本牧シニア出身のスラッガー、1年生で常総学院の4番に座り、秋季高校野球関東大会決勝の木更津総合戦では6回に3ランホームランを放つなど2打数1安打4打点の活躍を見せた。B+
佐藤圭悟1年
173cm62kg 右右
 力強い腕の振りから勢いがある球を投げる能力が高い投手 カーブ、スローカーブ、縦横2種類のスライダー、カットボール、スプリット、チェンジアップ、ツーシームを操る 3年春の香川大会・高松一戦で17B
土岐大聖1年
175cm75kg 右左
 柔らかい打撃が持ち味 長打も打てる中距離打者。率を残せば期待のできる選手B
山内貴文1年
176cm64kg 右左
 「走ることは負けたくない」。50メートル走6秒の韋駄天だ。初めてベンチ入りした昨秋の北信越地区大会の1回戦で先発出場すると、盗塁と安打を記録。「自信になった」と俊足を生かしたプレーで、強力打線につなぐB
山本雅也1年
178cm78kg 左左
 制球力の高い左腕投手、スリークォーターの位置からクロス気味に踏み出し左バッターのインコースに投げ込んでくる。B
比留間海斗1年
178cm70kg 右右
 スイングが鋭いB-
東宮諒2年
180cm78kg 右右
 スピンの効いた質の良い 最速140km/h台中盤 の速球と縦スライダーで毎試合の様に二桁奪三振を記録する県立無名校の好投手。 高校から投手を始め、2年秋に創部初の県8強進出、準々決勝で桐生第一をB+
米田克也2年
170cm73kg 右左
 3年夏の東東京大会、準々決勝の修徳戦で9回に同点となるホームランを放つなど3本塁打を放っている。 2年秋明治神宮大会では背番号3。 江戸川中央リトルシニア出身。B+
浅野辰樹2年
174cm74kg 右右
 キレが良いボールを投げるB
竹井丈人2年
181cm89kg 右右
 2年生次に夏の甲子園にて背番号18でメンバー入り。船橋リトルシニア出身。B
立松峻2年
177cm75kg 右右
 野球センス抜群で広角に鋭い打球を放つ好打者B
立松由宇2年
177cm77kg 右左
 双子の兄 2年生ながら昨夏の優勝校の藤代の中軸を打つ パワーと勝負強さが良い 将来が楽しみだ 巨人、東北楽天など5球団スカウトが注目している。B
花嶋悠吏2年
175cm70kg 右左
 地元の大会で見てていい選手だなと思う 素質とてもいいもの持ってる 巧打者タイプかなと思えば、強いインパクトでホームランも打つ グラブさばきもよく、成田の野手では一番肩強いんじゃないかな がんばB
渡部勝太2年
170cm67kg 右右
 ゆったりとしたフォームから常時140km/h前後のストレートとキレの良いスライダーを投じる小柄なスリークォーター右腕 2年秋に行われた北関東選抜との練習試合で最速140km/hを計測し1回無失点B
糸川亮太2年
170cm65kg 右右
大学代表候補
 バランスが良いフォームで球持ちが良く球速評価よりも速く感じるキレがあるボールを投げるセンス抜群のピッチャーB-
根本郁也3年
右左
 しっかりとしたスイングができ、バッターボックスの中で落ち着いた雰囲気がある。 バットを振りぬくと鋭い打球で外野の間を抜き、足もって長打にすることができる。 セカンドの守備も定評があり、3拍子揃B+
赤川諒3年
180cm88kg 右右
 ワインドアップから小さいテイクバックで最速140km/h超のストレート、スライダー、チェンジアップ 1年夏からベンチ入りし2年春は背番号18ながら主戦級の活躍、3年春は一塁手としての出番が中心B
石場匠3年
175cm73kg 右右
 鋭い腕のふりからキレが良いスライダーを武器にセンス溢れるピッチングをするピッチャーB
南部健太3年
180cm73kg 右右
 常時140キロ台の直球とキレのあるスライダー、カーブで打者を打ち取る本格派右腕。 制球面に課題があるものの、直球には威力がある。B
望月翔太郎3年
175cm70kg 右左
 一年生の秋季大会より出場。東海大会では3番遊撃手。 何でも器用にこなす選手。B
米田虎太郎3年
174cm71kg 右右
 50m5秒台で走るスピード溢れる俊足強打の遊撃手、下級生時代から不動の先頭打者 3年春の時点で高校通算30本塁打に到達B
池田瞳夢4年
171cm80kg 右右
プロ志望
 セカンドまでの送球が1.8秒台を記録する屈指の強肩捕手で、また2年秋にはすり足打法に変えると、準決勝の東海大高輪台戦で4打数4安打を記録した。 江戸川区立篠崎中学校時代は、江戸川中央リトルシニB+
伊藤弘法4年
178cm85kg 右左
 新チーム結成直後に肩を故障して出場機会に恵まれなかったがそれまでは主軸の4番を打っていた。 がっちりした下半身を武器に軽々とスタンドまで運ぶバッティングの長距離打者。B+
小郷裕哉4年
177cm77kg 右左
楽天7位
 足が速く投手のモーションを盗むのがとてもうまくよく打つ将来性十分B+
木下朗4年
181cm76kg 右左
 強肩強打の捕手。打線の中核を担う。 阪神、千葉ロッテが注目している。B+
釘宮光希4年
173cm72kg 右右
 球に勢いがあるピッチャー! 勢いがあるストレートとキレが良い縦の変化球が武器!B+
濱田和4年
183cm66kg 右右
 秋の鹿児島県大会で140キロ台のストレートを記録する。 シード校、大口に3-2一点差で負ける、恵まれた体格から速球を投げる。 試合経験があまりまだない、経験を積めばドラフト候補にあがる。B+
宮澤一成4年
176cm75kg 右右
 高校3年の4月、5月だけで20本塁打を記録し一気に成長をしている。B+
伊藤裕季也4年
180cm95kg 右右
DeNA2位
 日大三出身のスラッガー。立正大の4番を打ち、3年秋のリーグ制終戦でレフトスタンドに決勝のソロホームランを放った。 プロのスカウトも力強いスイングと、配球を読んでの打撃に評価をしている。B
鈴木友也4年
178cm75kg 右右
 越ケ谷高校出身の投手。無駄が無く、捕手のミットから目が切れないのないフォームから、コントロールされた球を投げる。B
矢澤博之4年
180cm80kg 左左
 落差のあるボールはなかなか癖がある。将来が期待されるB
石森亨4年
170cm68kg 右左
プロ志望
 浦和学院出身の外野手 選球眼が良く、小技などいろいろなことができる。B-
中島健寿4年
174cm73kg 右左
 打撃力、守備力があり、チームの期待に応えられる選手である。 中学校時代は、宇都宮ポニーに所属をし、陸上部にも所属をしていたという経験がある。B-
環太平洋大学
沖田大空1年
176cm72kg 右右
 夏大会倉敷工業戦では、91球で完投B-
秋山竜彦1年
165cm60kg 左左
 1年生時に明治神宮大会で背番号11。 岡山西リトルシニア出身。C
田沼風樹2年
177cm65kg 右右
 ストレートの球速は130キロ後半だが、変化球の切れは抜群。 秋季大会では、桐光学園に惜負したものの、神奈川県内強豪校に通用することを証明した。 ウェイトが増して、急速が上がれば県内屈指の投手になるB
栃谷慎太郎2年
173cm68kg 右左
 ミート力が光る明石商の内野手。最上級生となった2015年秋(2年時)、滋賀県で開催された平成27年度秋季近畿地区高校野球大会では、1回戦の福知山成美(京都)戦で9番三塁手として出場し、3安打2打点をマB-
田淵舞生2年
176cm66kg 右右
 腕をしならせてキレのあるボールを投げ込む岡山理大付の右腕。2014年秋(1年時)、第123回秋季中国地区高等学校野球大会では、1年生ながら投手としてベンチ入りするなど、今後の成長が楽しみな選手だ。C
押部智樹3年
175cm73kg 右右
 育英脅威の1番打者50m5.9 環太平洋大学進学B+
西山雅貴3年
179cm75kg 右左
 シャープなスイングから広角に鋭い打球を放つセンス抜群の遊撃手。 投手や二塁手、三塁手としてもプレーする。B
廣永諒馬4年
186cm93kg 右右
 急速はまだまだだが、コントロールが良く。これから成長する。 中学時代は関西少年硬式野球連盟(スター・リーグ)の神戸Skyドラゴンズでプレーした。B+
志賀巧朗4年
173cm75kg 右右
 2年連続準優勝の文徳高校キャプテン捕手4番打者キャプテンシーがあるガッツマンです。B
家森雄誠4年
189cm84kg 右右
 キレのある直球を力強く投げ込むB
熊倉巽4年
174cm82kg 右右
プロ志望
 将来浦和の4番を張る強打者 パワーがありスイングにも鋭さがあるB-
角田泰治4年
177cm72kg 右左
 柔らかいスイングと巧みなバットコントロールでヒットを量産する左打者。 ミート力は抜群だがパワーはまだ線が細くこれからだろう。 投手もこなす。B-
本村康4年
184cm80kg 右右
 大柄な選手だが足も速く、バッティングは器用C
山本大貴4年
176cm72kg 右右
 糸島の主将。中学時に遊撃手を守り主将として県3位に貢献。高校で捕手にコンバートされ打撃では思いきりの良いスイングが持ち味でチームの主軸を務める打者。C
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント