来年の大学野球はどうなる?東京六大学の展望

そろそろ年末が近づいてきたため、大学野球の来年の展望を、ドラフト候補選手を中心に予想してみます。まずは東京六大学。

混戦の東京六大学

まず東京六大学から。東京六大学はこの秋・法政大が優勝をした。1年生の三浦銀二投手や2年生の高田孝一投手、石川達也投手の力投と、4年生の向山基生選手、中山翔太選手の主軸の働きが大きかった。しかし、この主軸2枚が抜けるのは大きく、さらに、2017年秋に同じように1年生の好投で優勝した慶応大が、今年春はその1年生2人が故障で投げられなかった事もあり、来春のリーグ戦では、今年活躍した以外の投手の台頭も必要になるだろう。

ただし法政大は今年2年生の鈴木昭汰投手が秋のフレッシュリーグで素晴らしい投球を見せ、来年はエース格になるとみられる。また今年1年生だった古屋敷匠真投手や山下輝投手はプロも注目する逸材で、同学年の三浦投手の活躍の刺激を受け、来春は台頭してくる可能性が高い。課題は打線という事になりそうで、宇草孔基選手、船曳海選手、福田光輝選手といった1,2番を担える選手がいる中で、主軸を打てる選手が出てくるか、村田雄大選手、岡田悠希選手、永広知紀選手などの成長を期待したい。

2位の早稲田大は、投手は小島和哉投手の活躍が大きかった。ただし、長身左腕の今西拓弥投手がこの秋に成長し、また期待の早川隆久投手もおり、伝統の左腕エースは来年3年生になる二人が担いそうだ。また来年2年生になる西垣雅矢投手、徳山壮磨投手も力を見せている。就任する小宮山監督が投手をどのように育成するか注目したい。

打線については加藤雅樹選手、檜村篤史選手、福岡高輝選手といった3年生がこの秋も活躍を見せており、来年は最上級生としてチームを引っ張るとともに打撃の成績を残したい。ただし下級生を見ると、瀧澤虎太朗選手、吉沢一翔選手、鈴木萌斗選手などがいるが、主砲として打線の厚みを増す選手が少なく、こちらも打線が課題という事になりそうだ。

3位の慶応大は今秋に6勝を挙げた高橋佑樹投手、春に活躍を見せた150キロ右腕の高橋亮吾投手、リリーフで力を見せる石井雄也投手など3年生が非常に充実しており、そして司令塔の郡司裕也捕手、柳町達選手、中村健人選手がチームの中心で、来年は4年生の注目選手が多く、優勝候補筆頭といってよい。

高橋佑投手が来年春も順調に勝てるかがカギとなりそうで、2017年秋に活躍をしながら今年は怪我などに苦しんだ佐藤宏樹投手、関根智輝投手の復活や、森田晃介投手、木澤尚文投手、甲子園準優勝の大西健斗投手の成長を期待したい。打線でも2年生になる正木智也選手、若林将平選手を中心に植田響介選手なども育てて行きたい。

4位の明治大はエース・森下暢仁投手がいる。154キロの速球を投げ、来年の大学生のドラフトの目玉で、エースとしての投球が期待される。またこの秋は苦しんだが伊勢大夢投手も150キロの力のある球を投げ、春は期待できる。また1年生ながら秋に4試合に先発した竹田祐投手も先発2番手として期待でき、入江大生投手も力のある球を投げる。投手陣は力がある。

ただし、打線では逢澤崚介選手、渡辺佳明選手の抜けた穴は大きそう、丸山和郁選手や公家響選手、松下且興選手などに期待がかかるが、フレッシュリーグで法政大にノーヒットノーランを食らうなど脆さもある。来年4年生になる和田慎吾選手、内山竣選手、北本一樹選手などに奮起を期待したい。明治大も打線が課題となりそうだ。

立教大はこの秋は3年生エースの田中誠也投手と手塚周投手が0勝3敗と振るわず、2年生の中川颯投手が3勝、1年生の川端健斗投手が1勝2敗と奮闘したものの5位に終わった。来年4年生になる田中投手、手塚投手の奮起が期待されるが、川端投手や新入生にも期待しなければいけないくらい、投手陣は厳しい。

打者では藤野隼大選手は捕手としても打線の核としても中心として期待されるが、この秋は打率も1割台で打点も2点と苦しかった。ドラフト候補として見られ右中で春の爆発を期待したい。1年生の太田英毅選手が力を見せており、来年3年生になる林中勇輝選手もそろそろ皮を破る活躍を見せたい。2年時に活躍を見せた三井健右選手もやや伸び悩んでおり、野手陣も厳しい。

東大は有坂選手の抜ける投手陣は厳しい。秋に6試合に登板した宮本直輝投手がキレがある球を投げるが、フレッシュリーグで明治大と2-3の接戦をしているが、その1年生、2年生に期待したい。

優勝候補は

戦力的には慶応大が4年生が実績も力も十分あり優勝候補、早稲田大も4年生世代の野手が充実し、左腕2枚看板は実力十分で対抗になる。また明治大はエース・森下投手が力を発揮すれば5勝もできるだろう。法政大、立教大は今年活躍した1年生の三浦投手、川端投手に頼らない戦力にすることが必要で、法政大はポテンシャルを持った投手が多く、台頭次第で連覇を狙える。立教大は4年生になる2枚看板がカギ。東大は来年も厳しい。

2019年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト


PAGE TOP